ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 【麒麟がくる】吉田鋼太郎、松永久秀の“爆死”について言及「あるなら派手に」

【麒麟がくる】吉田鋼太郎、松永久秀の“爆死”について言及「あるなら派手に」

2

2020年02月22日 13:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大河ドラマ『麒麟がくる』松永久秀(吉田鋼太郎)(C)NHK
大河ドラマ『麒麟がくる』松永久秀(吉田鋼太郎)(C)NHK
 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、早くも存在感を発揮しているのが、戦国武将の松永久秀と、それを演じる吉田鋼太郎だ。

【写真】第5回までの松永久秀(吉田鋼太郎)名場面

 松永久秀は、主に畿内(きない)を中心に勢力を広げ、軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き明智光秀(長谷川博己)に大きな影響を与える人物。裏切りを繰り返した、戦国三大梟雄(きょうゆう)の一人に数えられる。これまでの戦国ドラマではあまり詳細に描かれてこなかった久秀だが、歴史ファン、戦国ファンには、茶器とともに爆死したという伝説とともに人気がある。

 そのことは吉田も承知しているようで、「おそらく皆さんが期待しているであろう“爆死” ――今、『ボンバーマン』って言われているんですよね。時代なんでしょうね、松永久秀が『ボンバーマン』と言われるなんて(笑)。久秀の爆死のシーンがあるのかないのか、まだ台本がありませんので僕自身も分かりませんが、もしそのシーンがあったら、是非派手に爆死したいと思います。僕自身も楽しみにしています」とコメントをくれた。

 さらに、周囲からの反響として、「うちの家内から『鋼太郎さんのお芝居は、良い時と悪い時があって、私はそれをよく分かっているけど、今回は良い時なので、自信を持ってやって』と言われました(笑)」と明かし、公私ともに充実してる様子。

 大河ドラマは『徳川慶喜』『風林火山』『真田丸』に続いて4作目だが、「長期にわたって出演させていただくのは、今回が初めてです。大河ドラマは子どもの頃から大ファンだったので、そこに出演できるのはとてもうれしいことですし、光栄なことだと思っています。戦国時代ファンの方々の期待を上回れるよう、精いっぱい、松永久秀を演じたいと思っています。松永久秀は、これからまだまだ出てきます。皆さん一緒に『麒麟がくる』を楽しみましょう」と呼びかけた。

 23日放送の第6回では、将軍・足利義輝(向井理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による久秀と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀は知る。京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。

 吉田は「久秀の立ち回りのシーンがあります。結構長い立ち回りで、すごく時間をかけて、いろんな角度から撮影しました。きっと血湧き肉躍る映像になっていると思いますので、ぜひご期待ください」と話している。

このニュースに関するつぶやき

  • 出来れば、ド派手にお願いしたい・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定