ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > わき毛描き 森田望智の女優道

オーディションにわき毛を描いて臨んだ森田望智、“全裸”から“トップ”までの軌跡

45

2020年02月22日 19:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真森田望智 撮影/矢島泰輔
森田望智 撮影/矢島泰輔

オーディションは「通過点」

「1年前と私自身は変わっていないけど、街で声をかけられたり、知ってくださる方が増えたのは、すごくうれしいことだと思っています」

 連続ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系土曜夜10時)に、看護師の小沢真凛役で出演する森田望智(みさと)。

 昨年、世界配信されたネットフリックスのオリジナルドラマ『全裸監督』のヒロインに抜擢(ばってき)され一躍、注目される女優に。AV監督・村西とおるさんの半生を描き、村西監督を演じた主演の山田孝之の相手役で、AV女優の黒木香さんを熱演。作品の評判とともに森田の知名度もアップした。

 ヒロイン役はオーディションで射止めた。

「大学生になってからCM、ドラマとジャンルを問わずに、たくさん受けました。でも全然、受からない。“箸にも棒にもひっかかりません”みたいな感じでした(笑)」

 経験を重ねたことで心境やオーディションに臨む姿勢が変わった。

「お芝居のうまさとかではなく、求められているのは“この人の演技がみたい”と思わせられる人。それが何かを考えたときに、強い覚悟だったり、例えば歌でも、ただうまいより魂がこもっている人のほうが私自身も好きなので、そういうことを目指すようになりました。

 オーディションがすべてではなく通過点。ゴールに設定しなくなってからは(合否に)一喜一憂しなくなりました。人としてのあり方が大事だと思えた瞬間から、オーディションに受かるとは、どういうことなのか腑に落ちて、それからはお仕事をいただける機会が増えました」

 最終選考に残るようにもなり、そのなかでつかんだのが『全裸監督』だった。そのオーディションには、わき毛を描いて臨んだ。

「受かりたいとか、印象に残したいからということではないです。違うオーディションで(事前にもらった)台本にお弁当を作ってあげるシーンがあったときは、実際に作っていきました。それと同じで、わき毛とあったので“ないから描いていかなくちゃ”くらいの気持ちでした。自分がやれることは全部やって後悔なくできたと思えるためにやったら、大きな役に受かったという感じです

 朗報には実感がわかなかったという。

昔は、受かったと聞いては泣いて、落ちたと知っては泣いていたけど、そのときは涙も出ないほど信じられない気持ちのほうが大きくて、うれしさも戸惑いも、まったくなくて、間違っていませんか? と思うくらい。だんだん実感がわいてからは、うれしさもありましたが、自分に演じられるだろうか、と」

 撮影は4か月にわたった。

「オーディションに受かってから撮影が終わるまで必死だったので(作品や役柄が)面白いとか手ごたえとかを全く考える余裕もなく、自分のことで精いっぱいでした。そのなかでも、見たことのない作品を作ろうという熱量がすごくある現場を初めて経験することができました」

 時代の寵児(ちょうじ)だった黒木さんを演じた感想は?

「著書や資料がたくさんあるので、(役作りのために)やれることが尽きない。撮影期間中は黒木さんについて考える日々でした。最初は(AV業界に)偏見を持っていたけど、女性が性を訴えることに躊躇(ちゅうちょ)がないのが印象的で、仕事にかける思い、熱量は変わらない。自分で決めつけていたことや、当たり前と思っていたことが小さいことだったと感じました

有名になるより「人の心を動かしたい」

 女優を目指したのは、小学生のときに自宅近くで見かけたドラマのロケ風景に興味を抱いたからだった。

撮影現場を見るのが好きで、あのなかに入ってみたいと。覚えているのは、多部未華子さんと松岡昌宏さんのドラマ撮影(2008年放送、日本テレビ系『ヤスコとケンジ』)。テレビは見ていたけど、その裏側を見たことがなかったので不思議な感覚でした。目の前に人がいる状況でお芝居をしたり、大きなマイクを持っている人がいることを知って、みんなで作っている光景が素敵で、照明さん、録音さん、なんでもいいから私も参加したいなと思っていました

 そんなときに東京・原宿でスカウトされ、芸能事務所に所属。演技レッスンを受けるようになり、女優への思いが強くなった。

「東京五輪が決まったとき(2013年)に、7年後に女優をやっているのか、もしかしたらOLになっているかもしれない、と思ったことはあります。でも(2020年が)近づくにつれて、オーディションには落ちているけど、ほかにやりたいことがなかったので、やめるつもりはなかったです」

 連ドラ初レギュラーの『トップナイフ』は、主演の天海祐希はじめ広瀬アリスら初共演者に囲まれ、看護師役に初挑戦している。

「みなさん気さくで温かい。穏やかですが、撮影に入ると一気に集中力が高まる。一瞬の結束力は、そのまま脳外科の関係性に似ていると思いながら撮影しています。

 天海さんは、緊急医療シーンで台本に書かれていない動きや目線を考えて先頭に立ってやってくださる。台本以外のことで、気になったことや提案されている姿に学ぶことが多いです。天海さんとのアイコンタクトシーンも楽しいです」

 広瀬演じる新人医師・幸子とは“バディ”のような間柄。

「演じる真凛は、仕事のできる看護師ですが、同世代の幸子には気を許している一面もあるので、メリハリを大事に演じています」

 今後については、控えめだ。

「女優は、有名になりたい、人気者になりたいということではなく、人の心を動かしたいと思って始めたので、その気持ちを大事にしたい。そういう作品や役をやりたいとずっと思っているので、ブレずにいたいです。明確な将来像は、ないけど、いまある役を全力でやっていけば、必要とされる女優になれるのかな、と思っています」

“全裸”からつながった“トップ”で、それを証明している女優道に期待したい。

森田望智をもっと好きになる! 小話2選

【1】「姿勢がいいですね」

 スカウトされたときにかけられた言葉だ。3歳からフィギュアスケートを始め、クラシックバレエや体操もやっていた。

「父に芸能事務所に入るか、フィギュアスケートを続けるか、どちらかに決めたほうがいいと言われて、フィギュアをやめました。体育は5段階評価で4。球技は投げるのも打つのもダメで、テニスラケットに球が当たったのは2回くらい。個人的に闘争心はあるけど、人と対戦するものは苦手です」(森田)

【2】ひとり暮らし満喫?

 大学卒業後、ひとり暮らしを始めた。「掃除機をかけたり、コロコロしたり、自分がきれい好きだったことに気づきました(笑)。でも、ひとり暮らしは、楽しくないです。“ただいま”を言っても誰もいなくて寂しいし、落ち着いて育てられる環境になったら犬でも飼おうかな……。暗いと怖いので玄関の明かりはつけて外出します。ひとり暮らしの醍醐味は、まだないです」(森田)

もりた・みさと/1996年9月13日生まれ。神奈川県出身。小学生のときにスカウトされ芸能事務所に所属。CM、ドラマ、映画に出演。NHKBSプレミアム『スーパープレミアム 柳生一族の陰謀』(4月11日夜9時放送)に出演、ネットフリックス『全裸監督』シーズン2に出演予定

このニュースに関するつぶやき

  • 結局は制作サイドのコネ次第よ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「望智」で「みさと」か。読めねえ。キラキラネーム。
    • イイネ!26
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(30件)

あなたにおすすめ

ニュース設定