ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「今日はなんとなく学校に行きたくない」と恐るおそる母に伝えたら…人生の支えとなる提案に「すごく共感」「母は偉大」と反響集まる

「今日はなんとなく学校に行きたくない」と恐るおそる母に伝えたら…人生の支えとなる提案に「すごく共感」「母は偉大」と反響集まる

16

2020年02月22日 21:00  citrus

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

citrus

写真写真


ふたり(@ekkh_odl)さんのツイートが話題となっています。

 

中学生の頃、 母に「今日は何となく学校に行きたくない気がする」とおそるおそる伝えると、いたずらっ子のような笑顔で「休んじゃおっか」と言われ、2人でケーキを食べに行ったり、家で古い映画を見たりした経験が何度もあるんだけど、成人した今でもなお、この記憶は私の人生の支えになっている

— ふたり (@ekkh_odl) 2020年2月19日

 

これに対し、同じような経験のあるツイッター民がこぞってリプライ。

 

私も高校の時、1回だけありました…なんかダルくて、多分行けって言われるんだろうなーと思いながら「今日休みたいかも」と言ったら、「そうか分かった、学校に連絡するね」って。びっくりしたのと同時に、めちゃめちゃ嬉しかったのを覚えてます…同じ経験されてる方がいて、嬉しかったです!

— ah1022_drawing (@Ah1022D) 2020年2月20日

 

すごく共感します。
少し逃げグセが私にはついてしまいましたが、
その言葉がなければ私は生きていくのが辛かったと思います。
母は偉大ですね

— めう (@meumeu6661) 2020年2月20日

 

私も習い事に行きたくなかった時、父が「そういう日もある!休んで美味しいものでも食べにいくか!」と言ってくれて、美味しいかき氷を食べに行きました…。今は教師をしてますが、それくらいの寛大さで、子どもに接していけたら良いなと思います

— (@yumeiro79) 2020年2月20日

 

 一方、親の立場として子を休ませたという経験がある、という声もありました。

 

私は休ませてもらえない子でしたが、娘は何度となく休ませました。
中3卒業前は二ヶ月ほどサポートルーム登校になって心配もしましたが、同じように悩む子達の力になりたいと保育幼児の道に進む進学をするほどに成長しました。長い人生のたまのサボりは良いと思っています。

— 乙女座のÂ (@natsupic) 2020年2月20日

 

私は母親ですが、学校に行きたくないと言う小学生の息子(現在は、もうすぐ20歳)に「行きたくないなら行かなくて良い」と言いました。学校が辛い場所なら、行かなくてもなんとかなるなら、行かない選択をさせました。そして現在社会人になった彼は、滅多に休まない大人になりました。

— 彩紀(さいき)本職shubabu、副業eighter(笑)だそうです。 (@psycheighter) 2020年2月20日

 

大人子ども問わず、時には思い切ったリフレッシュが大切であることを思い出させてくれるようなツイートでした……!

このニュースに関するつぶやき

  • 優しいお母さん。私んちは…学校の門前まで引っ張って「あんたをそんなに甘ったれた子に育てた覚えはないexclamation」と突き出されたぞexclamation & questionエライ違いだ��������
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 我が家では「いじめとかで学校行きたくなけりゃ行かなくていいよ」って言ってる。親も子に教育を受けさせる義務はあるけどその学校に付き合わせる義務はない。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定