ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > F6、2度目のライブツアー開幕 新衣装は“兄弟愛”たっぷりのおそ松がコーデ

F6、2度目のライブツアー開幕 新衣装は“兄弟愛”たっぷりのおそ松がコーデ

1

2020年02月22日 22:20  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

舞台『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN S SHOW TIME〜』シリーズより派生した人気ユニット「F6(エフシックス)」の2度目となるライブツアー『FANTASTIC ECSTASY』が22日、千葉・幕張メッセイベントホールにて開幕。おなじみの曲に加え、新曲4曲とアレンジ曲1曲も初披露され、集まったファン5000人を大いに盛り上げた。

ライブ開始時刻となると紹介映像が流れ、開幕を知らせる。ステージ中央にF6 おそ松役を井澤勇貴、F6 カラ松役を和田雅成、F6 チョロ松役を小野健斗、F6 一松役を安里勇哉、F6 十四松役を和合真一、F6 トド松役を中山優貴が板付き、『Forever 6ock You』、『Magic Night Satisfaction』を立て続けに披露。会場のエンジンをかけていく。


自己紹介では、「今日は夢にご招待するから」、「とうとうきたな、この時が!ぶっ倒れるまで声出していけよ!」、「皆さんのために用意してきました」、「今日は一緒に最高に盛り上がるんだ、やつらに気をつけながらな」、「このステージはみんなのためにあるんだよ。大いに楽しんでいってね」「ツアーは1年半ぶりだよ!元気?最後まで盛り上がっていこうね」と順番にあいさつ。そしてデュエットコーナーへと続いていく。


弟から「兄さんたちに任せよう」とバトンを渡された、おそ松・カラ松。

「兄さんたちに任せなさい」と頼もしい一言の後『WILD☆JUSTICE』をスタンドマイクで熱唱。カラ松がおそ松に密着する場面では一斉に大きな歓声が沸いた。その後、『ビューティームーン・ミステリアス』はチョロ松と一松がギターを抱えて歌い、『SWEET CUTE RAP-SODY』では十四松とトド松が松マークがデザインされたトロッコでアリーナをぐるりと一周した。全員での『いつか夢でチャックメイト』は、「トト子の部分はみんなで歌ってください!」とおそ松。託されたファンは見事に歌い上げると、カラ松は「よくそんな曲覚えているね(笑)」と毒舌混じりに褒めていた。

9曲目からは怒涛の新曲パート。最初に披露された『CASHLESS!!!!!!』は、舞台「おそ松さん」で6つ子が歌った『JOBLESS!!!!!!』のF6バージョンのアレンジ曲。「みなさんどうでしたか?」と聞くと、「最高!」の声があがった。次の『マツゥ〜ダンシング・マハラジャ・ナイト〜』は一松・十四松・トド松のユニット曲で、まさかのインド風ダンスに会場はざわめき。次曲『アモーレ・ムーチョ!』はおそ松・カラ松・チョロ松と年上3人による楽曲とあって、暗めの照明が似合う大人テイスト。フラメンコ調のメロディとダンスで魅了した。


6人で歌う新曲『NAKED KINGDOM』と『FantaStIc X-tasy』では、初公開となった新衣装でのパフォーマンスとなった。それぞれのキャラクターカラーを取り入れたカジュアルな衣装で、全員のコーディネートはおそ松がを担当したという。カラ松が「色んなところに足を運んで選んでくれた」と感謝すると、おそ松は「受け入れてもらえるかすっごい緊張した。原宿とか竹下(通り)とか行ってみんなのこと考えていたら楽しくなっちゃって。あれじゃない、これじゃないって…。F6大好きです!」と兄弟愛を叫んだ。『NAKED KINGDOM』、『FantaStIc X-tasy』は両曲ともアップテンポだが、ライブツアータイトルにもなっている『FantaStIc X-tasy』はよりハードロックで激しいダンスが特徴。初めてのフォーメーションとメロディーにファンは6人に釘付けとなった。

本編ラスト2曲はおなじみの『“F”→U GOMany Money Make You Happy-』と『Good Looks, Good Night』。会場を彩る赤・青・緑・紫・黄色・ピンクは絶えることなく波のように揺れ続けていた。本編が終わると客席から「アンコール!」の声が響き渡る。


約3分間の沈黙の後、アンコールが始まる。『WAKE UP! 〜SIX MEN’S SHOW TIME!!!!!!〜』のイントロが流れるとライブTシャツに着替えた6人が再び登場し、魅惑の腰つきで黄色い悲鳴を浴びた。


アンコール2曲目は盛り上がること必須の『箱ティッシュサンバ』。「みんな〜ティッシュだよ〜」「欲しかったら叫べ〜」の声とともに、6人それぞれが扇風機の風に乗せながら、誰もが世話になっている白い紙を観客席に向かって飛ばしまくった。


そして「楽しい時間はあっという間」(おそ松)となり、ライブツアーのラストスパートに差し掛かると、新曲の『FantaStIc X-tasy』を再び熱唱する。ここでメンバーからファンへ感謝の気持ちが伝えられた。

トド松は「1年半ぶりのツアーで僕たちも楽しみにしていた。皆さんも楽しみしていたんだと伝わってきた。僕たちに会ってパワーもらって明日、明後日の活力になれば。引き続き僕らについてきてください」と挨拶し、十四松は「とろけるような甘い時間をありがとうね〜。ずっとずっと大好きだよ〜!」と愛を届けた。一松は「今日来てくれて一緒に盛り上がったこと、心から感謝する。ここからさらに最高にぶち上がっていくので最後までついてきてください」、続くチョロ松は緑に染まった会場を見渡して「この絶景を見られて本当に最高。最上級の最高だね。こんな景色を家族6人で一緒に見られて幸せ」と笑顔で語った。カラ松は「いつもまた元気に会いましょうって言っているけど、こうやって元気に会えるのが幸せ。いま自分が持っている元気を全部出している。みんなもこうして元気を出してくれて、元気と元気で元気!!」と声を大きく話した。


前ツアーの規模を拡大して開催された2度目のライブツアーとなり、おそ松は「遥かに大きくなった会場でたくさんの方に見ていただいた。この景色を目の当たりにしてみんながいろんな色にしてくれるのが実感がない」としみじみ。「4年前に舞台『おそ松さん』が始まりまして、最初はF6ってなんだろうと思っていた。どう戦っていこうかと悩んでいた時期がたくさんありましたが、この景色が見られてここまでやってきてよかった、光栄だなと思います。いま、世の中大変な状況ですができること全力でやって、体のケアを欠かさず元気にまた会いに来てください。残り9公演ありますので家族一丸となって頑張っていきます」とファンに向けて語った。


最後の曲は『Forever 6ock You』。“ビックリするほどルックスがいい”F6によるライブツアー初日は大盛況ののちに終了。

あすの幕張メッセ公演、3月4日の大阪城ホール、14日の沖縄のミュージックタウン音市場、19日・20日の幕張メッセでの東京凱旋公演に向けていいスタートダッシュとなった。同ライブツアーは約5万人を動員予定。


■F6 2nd LIVEツアー 「FANTASTIC ECSTASY」
2/22(土)〜東京・大阪・沖縄にて開催

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2020

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定