ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『トップナイフ』今注目のネクストブレイク女優が奇妙な“略奪愛”

『トップナイフ』今注目のネクストブレイク女優が奇妙な“略奪愛”

0

2020年02月22日 23:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

日本テレビ系で毎週土曜よる10時から放送中のドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』第8話に、今注目のネクストブレイク女優・片山友希がゲスト出演する。片山が演じるのは“エイリアン”!?

“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか。神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。主演の天海祐希をはじめ、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、そして三浦友和という豪華キャストが勢ぞろいしている。

来週放送の第8話では脳出血が原因で自分の麻痺した腕を“愛する若い女性”だと思い込んだ患者・前川(金田明夫)が登場。腕が麻痺したことを認識できない脳が、整合性を取るために自分の腕を他人の腕だと思い込む“エイリアンハンド“の一種と診断される。

前川の妻・純子(原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫に怒りをあらわにし、夫への復讐として、一刻を争う手術の同意書へのサインを拒絶する―――

ゲスト出演する片山は左腕に宿った“エイリアン”として、原日出子演じる純子から夫を“略奪”する役どころ。

これまで等身大の役柄を演じることが多かった片山。今まさに注目のネクストブレイク女優による奇妙な“略奪愛”。片山の新境地に注目だ。

第8話は2月29(土)よる10時放送。


<第8話あらすじ>
幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込む、いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す…。前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子で…。献身的に介護をしてきた前川の妻・純子(原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は、夫への復讐なのか?手術の同意書を拒絶するのだった。深山を頼ろうとする幸子に、今出川(三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する……。

今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子は、犬飼(福士誠治)や真凛(森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。

そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城(小市慢太郎)とその妻・薫(酒井美紀)が訪れる。深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実(桜田ひより)を心配する沢城に、ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩(椎名桔平)は、姿を消した保の母親を探すがなかなか見つからず、心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだった…。

(C)日本テレビ

    あなたにおすすめ

    ニュース設定