ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「聖域」猫のお腹のタプタプ

猫のお腹のタプタプこと「ルーズスキン」が大好き でも…容易に触れることは許されない聖域

147

2020年02月23日 07:02  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真猫のお腹のタプタプこと「ルーズスキン」が大好き でも…容易に触れることは許されない聖域
猫のお腹のタプタプこと「ルーズスキン」が大好き でも…容易に触れることは許されない聖域

 猫好きな方はご存知かもしれませんが、猫ちゃんのお腹がタプタプしているのには意味があり、この部分にはルーズスキンという名前も付いているそうです。このルーズスキンについて、Twitterユーザーの類さんが、分かりやすく漫画で紹介しています。


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 類さんは2月18日、自身のTwitterに「ねこのおなか(ルーズスキン)が大好きというお話」というコメントと共に、実話をもとにした漫画を投稿。



 類さんが飼っている猫の名前は、やちちゃん(2歳/メス/茶トラ)。飼い始めたのは2年くらい前で「母から近所の施設で捨て猫がいるとの通報を受け、保護に至りました」と教えてくれました。


 やちちゃんのお腹が気になりだしたのは、もうすぎ1歳という時期に避妊手術をした後。「身体の成長と共にお腹も出てきたので、初めは太り過ぎかと心配していました」と、当時の心境を話す類さん。


 そこで、病院の先生に「うちの子ちょっと太ってますか……?」と聞いてみたところ、「大丈夫!これはルーズスキンですね!」と言われたそう。病院の先生によると、「ネコ科特有のもので、外敵に噛まれた際、急所を守ったり、柔らかい身体に対応するためのたるみ(痛みは感じます)」とのことです。


 ちなみに、類さんのお家では、このルーズスキンが大人気。振り向いた瞬間にブルンとなったり、小刻みに揺れたりするところが大好きで、類さん曰く「神様にグッドデザイン賞あげたいくらい」とのことです。


 注意点としては「急所なので触られるのを嫌がる子もいます」ということ。下手に「お嬢ちゃん、いいお腹してるね〜」なんて触ろうとすると、腕が後ろ足の餌食になります。猫好きの人にとっては、腕の傷は勲章みたいなものですが……。


 それは類さんにとっても同じのようで、「容易に触れることは許されない聖域のような存在 それがルーズスキン……」と、漫画の中で表現しています。


 しかし、奇跡は突然、起きるもの。類さんが寝ていた時に、やちちゃんが類さんの顔にルーズスキンを……!「アッ オッッほヘイン ありがとうございま」と、言葉にならない喜びを爆発させる類さん。ルーズスキンでお目覚めとは……羨ましい!


 「ちなみに、抱っこしたままだと触らせてくれる謎ルールがあります」と話す類さん。それもまた猫ちゃんの面白いところですよね。みなさんの愛猫ちゃんの謎ルールは何ですか?


<記事化協力>
類さん(@ruuiruiruirui)


(佐藤圭亮)


このニュースに関するつぶやき

  • 加藤鷹みたいな指使いでタプタプやってた
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • うちのはタプタプし放題!なんならゴロゴロ言い出すし�ϡ���
    • イイネ!39
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(68件)

あなたにおすすめ

ニュース設定