ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > F1 Topic:握手を交わしたフェルスタッペンとオコン。小競り合いから1年3カ月ぶりに和解

F1 Topic:握手を交わしたフェルスタッペンとオコン。小競り合いから1年3カ月ぶりに和解

0

2020年02月23日 08:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真握手を交わしたオコンとフェルスタッペン
握手を交わしたオコンとフェルスタッペン
 2020年のF1は、F1創設70周年目を迎えるメモリアルイヤーということで、合同テストが開始される前に、FOMがレースドライバーを集めて撮影会を行った。

 この撮影会は、初日にテスト走行を行わないドライバーが集っただけでなく、インフルエンザで急きょ休養を取ることになったセバスチャン・ベッテルも参加して行われた。



 まず丸い輪になって撮影が行われた後、ドライバーたちは全員スタートラインに進んだ。向かって左から5人目のダニエル・リカルド(ルノー)が、NBA(北米のバスケットボールのプロリーグ)のレジェンドで今年の1月26日にヘリコプター事故で亡くなったコービー・ブライアントに敬意を表するために、ブライアントが所属していたロサンゼルス・レイカーズのチームカラーであるパープルをベースにしたヘルメットを隣にいるレーシングポイントの2人に披露している様子が見える。

 この直後、歴史的な和解がスタートライン上で披露された。それはリカルドの左隣にいたチームメートのエステバン・オコンの行動から始まった。オコンはチームメートのリカルドとは反対にいるレッドブルのほうを向き、何かを話し始める。すると、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)を挟んでその隣にいたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が「どうした、僕に用でもあるか?」という感じでオコンのほうを振り向く。

 この2人、2年前のブラジルGPで小突き合いのケンカを繰り広げた因縁の仲。2人の会話が聞こえたのか、リカルドとレーシングポイントの2人が少し心配そうにオコンとフェルスタッペンに視線を送る。

 次の瞬間、オコンが右手を差し出すではないか!!

 すると、今度はフェルスタッペンも右手を!!

 こうして、がっちりと握手し、2人は1年3カ月ぶりに和解したのだった。

 その後、何もなかったかのように、別々の方向を向く2人。少し照れ臭そうにしている2人を、周囲が温かい笑顔で見守っていた。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定