ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 麒麟がくる 光秀は異性に鈍感

【麒麟がくる】純粋な正義感と異性に鈍感、光秀の愛すべきキャラが浮き彫りに

122

2020年02月23日 20:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大河ドラマ『麒麟がくる』第6回(2月23日放送)より。駒(門脇麦)と寺で一夜を明かす光秀(長谷川博己)(C)NHK
大河ドラマ『麒麟がくる』第6回(2月23日放送)より。駒(門脇麦)と寺で一夜を明かす光秀(長谷川博己)(C)NHK
 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。23日放送の第6回では、松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画を通して、主人公・明智光秀(長谷川博己)のキャラクターがより鮮明に描かれた回だった。

【写真】刺客たちと斬り合う光秀(長谷川博己)

 鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)に分解してもらった銃身の造りの見事さに、「美しい」と感嘆の声を漏らした光秀。鉄砲を美しいと言ったのは光秀と松永だけだという伊平次。若き光秀が松永から大きな影響を受けていくのも、通じるものがあってのことだろうと思わせる。

 松永たちを救うために、助けを求めて訪れた三淵藤英(谷原章介)の館では、将軍・足利義輝(向井理)が聞いているとは知らずに(後になって知る)、三淵に「将軍は武家の棟梁であり、すべての武士の鏡」「その将軍が争うなと、ひと言お命じにならねば、世は平らかになりませぬ」と訴えた光秀。正論を心の底から言える強さが、本作の光秀の魅力的なところだ。

 さらに、光秀は剣の腕も立つ。第5回で、細川藤孝(眞島秀和)と対峙した時も義輝に太刀筋をほめられていたが、細川晴元(国広富之)が差し向けた刺客たちの襲撃を受けた松永と三好がいる万里小路(までのこうじ)家に駆けつけ、斬り合いに。松永と三好を逃がすことに成功する。大人数での立ち回りも、テレビ時代劇そのものが少なくなった昨今では、王道の高揚感を思い出した人も多かったのではないだろうか。

 そして、立ち回りから一転、終盤では、美濃に帰る光秀に付き添ってきた駒(門脇麦)と寺で一夜を明かすシーンでは、異性の好意に恐ろしく鈍感という一面も、念を押すように描かれた。

 駒役の門脇は「火を焚くという描写は台本にはなく、監督のアイデアで足された設定でした。揺れながらだんだんと消えていく炎が駒の心情と、歌と、ぴたりと重なって、あのシーンの空気感を丸ごと包み込んでくれたように思います」と、撮影秘話を明かしている。

このニュースに関するつぶやき

  • 主人公が女性に人気があるけど恋愛に無関心という意味で「西郷どん」の吉之助に似ている。
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 「女心に鈍感で、正義ある熱血漢。スポーツ万能(剣と銃)、愛妻家で側室を持たず、最後は秘密を抱えて(本能寺の真相は分からない)悲劇的に死ぬ」……生徒会か財閥が絡めば、どこかで見た少女漫画感�Ԥ��Ԥ��ʿ�������( *´艸`)�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!63
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(78件)

あなたにおすすめ

ニュース設定