ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「メガミデバイス」より「ランサー HELL BLAZE」がプラモデル化

「メガミデバイス」より「ランサー HELL BLAZE」がプラモデル化

2

2020年02月24日 21:32  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
ホビーメーカー・コトブキヤが展開する"美少女×メカニック"をテーマとしたプラモデルシリーズ「メガミデバイス」より「BULLET KNIGHTS ランサー HELL BLAZE」が登場。価格は6,400円(税抜)。

「メガミデバイス」は、全高14cmの可動美少女素体にウェポンやアーマーを装着して楽しむ"近未来のバトルホビー"を想定した組み立て式のプラモデルシリーズ。素体には、浅井真紀氏による新設計素体"マシニーカ"を採用し、デザインはイセ川ヤスタカ氏が担当している。

「BULLET KNIGHTS ランサー HELL BLAZE」は、メガミの全長をはるかに超えるロングサイズの槍を持つ白兵戦に特化した機体。実際の商品は、緑色パーツはクリアーパーツで再現され、手軽にマークを再現できるシールも付属されている。

また、ボリュームのあるロングランチャーとラージシールドは背中から伸びるアームで保持されており、サポートとして武器を支えるベースも付属。武器は差し替えてメガミを乗せる「ライドモード」にすることができ、3つに分割できるランチャーや可動軸が多数設けられた背面アームでさまざまなコンバットシーンを想定して遊ぶことが可能となっている。

さらに、後頭部から伸びるチューブは柔らかいリード線を使用されているため、、自在に曲げることができる。メタリックカラーのマーキングをはじめ、瞳などのデカールが付いているほか、3種の塗装済み顔パーツが付属。

そして、騎士をモチーフにした「武装モード」と、アーマーを脱いだ「素体モード」をパーツ差し替えで再現可能。“マシニーカ”の広い可動範囲により、武器構えポーズや座りポーズが自然に決まるとのこと。各部に配置された3mm径の穴により既存「M.S.G」シリーズ、「フレームアームズ」、「フレームアームズ・ガール ヘキサギア」シリーズの武装と併用ができる。なお、現在は販売終了している。

(C)KOTOBUKIYA・RAMPAGE (C)Masaki Apsy

このニュースに関するつぶやき

  • メガミデバイスの肩関節のリングパーツの割れ易さは何とか考えて欲しいですな…と思ったら、無塗装の顔とセットで販売…考える事は皆同じ(笑)。
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • メガミデバイスの肩関節のリングパーツの割れ易さは何とか考えて欲しいですな…と思ったら、無塗装の顔とセットで販売…考える事は皆同じ(笑)。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定