ホーム > mixiニュース > トレンド > 阪神電鉄に「野球」テーマ車両

車内にバッターボックス!? 阪神電鉄「阪神タイガース」「阪神甲子園球場」コラボデザイン車両を公開、5月末から運行開始

75

2020年02月25日 10:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真阪神電鉄が5月から運行予定の新車両を公開。左はタイガース号の内装、右は甲子園号の内装
阪神電鉄が5月から運行予定の新車両を公開。左はタイガース号の内装、右は甲子園号の内装

 阪神電気鉄道は、兵庫県西宮市の武庫川線に「野球」をテーマにした新デザインの車両を導入すると発表しました。公開されたのは「阪神タイガース」をイメージした「タイガース号」と「阪神甲子園球場」をイメージした「甲子園号」の2編成です。



【写真】タイガース号と甲子園号の外観



 デザインテーマである野球は、西宮市内を走る武庫川線が、阪神甲子園球場や鳴尾浜球場に隣接していることにちなんだもの。公開された車両は、本線及び神戸高速線で各駅停車として運行してきた「普通用車両5500系」を改造し、外装及び内装を一新しました。外装、内装に各車専用の装飾を施しており、野球の街を感じさせるデザインとなっています。



 阪神タイガースをモチーフにしたタイガース号は、外装に「黄色」と「黒色」のタイガースカラーを配色した車両です。内装壁面はユニフォームをイメージした縦のストライプが特徴で、阪神タイガースのシンボルマークを随所にあしらいました。



 阪神甲子園球場をモチーフとした甲子園号は、甲子園球場の蔦、芝、白線をイメージし、「緑色」と「白色」をベースにした車両。内装床面に阪神甲子園球場の土、マウンドなどを表現しており、壁面は球場外壁のレンガをデザインしています。



 運行開始日は後日発表されます。同社では公開された車両のほかにも武庫川線に投入する改造工事中の車両があり、そちらについてもデザインおよび車両の公開を予定しています。


このニュースに関するつぶやき

  • 本線じゃないのはいいと思う。本線に入れたら、犯珍汚染された連中(例;車体を虎柄にしろ、接近メロディを六甲颪にしろ)を増長させるだけ。ええ、野々村線だけでいい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 発車メロディに六甲おろしは流れてないのかなぁwww
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(33件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定