ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > バルサ、敵地で貴重なアウェイゴール…ナポリに先制許すもグリーズマン弾でドロー

バルサ、敵地で貴重なアウェイゴール…ナポリに先制許すもグリーズマン弾でドロー

3

2020年02月26日 06:58  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ナポリとバルセロナが対戦した [写真]=Getty Images
ナポリとバルセロナが対戦した [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、ナポリ(イタリア)とバルセロナ(スペイン)が対戦した。

 アウェイのバルセロナはボールを支配する時間が続いたが、決定機は作れず。すると30分、ホームのナポリが先制に成功した。ピオトル・ジエリンスキが相手DFジュニオール・フィルポのコントロールミスからボールを奪って中央に折り返すと、受けたドリース・メルテンスはトラップからコントロールショット。正確かつ強烈な一撃をゴール右上隅に突き刺した。

 1点のビハインドで後半を迎えたバルセロナは50分、ブスケツがメルテンスへの危険なタックルでイエローカードをもらい、セカンドレグは累積で出場停止に。メルテンスはしばらくプレーを続けたが、54分にアルカディウシュ・ミリクとの交代を余儀なくされた。

 すると57分、バルセロナが試合を振り出しに戻す。セルヒオ・ブスケツのスルーパスから相手DFの背後を取ったネルソン・セメドがグラウンダーで折り返し、これをアントワーヌ・グリーズマンがダイレクトで押し込んだ。

 すると89分、ナポリのDFマリオ・ルイへのタックルでバルセロナのMFアルトゥーロ・ビダルのファウルが取られると、小競り合いを始めた両選手にイエローカードが提示される。さらにビダルにはタックルの件でもイエローカードが提示され、一度に2度のイエローカードをもらったビダルが退場処分となってしまった。さらに後半アディショナルタイム3分、バルセロナはジェラール・ピケが足を痛めてプレー続行不可能となり、クレマン・ラングレとの交代を余儀なくされた。

 試合はこのまま終了。バルセロナのホームで行われるセカンドレグは、日本時間3月18日29時(19日5時)にキックオフを迎える。

【スコア】
ナポリ 1−1 バルセロナ

【得点者】
1−0 30分 ドリース・メルテンス(ナポリ)
1−1 57分 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)

【スターティングメンバー】
ナポリ(4−3−3)
オスピナ;ディ・ロレンツォ、マノラス、マクシモヴィッチ、マリオ・ルイ;ファビアン、デンメ(80分 デンメ)、ジエリンスキ;カジェホン(74分 ポリターノ)、メルテンス(54分 ミリク)、インシーニェ

バルセロナ(4−3−3)
テア・シュテーゲン;N・セメド、ピケ(90+3分 ラングレ)、ユムティティ、フィルポ;F・デ・ヨング、ブスケツ、ラキティッチ(56分 アルトゥール);メッシ、グリーズマン(87分 ファティ)、ビダル

このニュースに関するつぶやき

  • 怪我人関係でビダルを前線の一角で使わなきゃならないほどFW人材不足なバルサ。しかも次節はブスケツとビダル出場停止。それでも次のラウンドには行けると思うが優勝するにはスアレス復帰出来ないと難しいでしょ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定