ホーム > mixiニュース > コラム > おひとりさまの家活!物件を購入するなら、東京オリンピック後のほうが安くてお得?

おひとりさまの家活!物件を購入するなら、東京オリンピック後のほうが安くてお得?

0

2020年02月26日 16:00  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

いよいよ近づいてきた「東京2020大会」。夏なんてまだまだ先……なんていう声も聞こえてきそうですが、街は準備が着々と進み、巷では「8月までは人でもモノでも売り手市場」との声が。そして逆に、それを過ぎれば経済が冷え込むなんていうウワサも……。ということは、分譲住宅なども値段が下がってお得になるのでしょうか?今、買うのは高値掴みになってしまうの?真相を不動産物件のプロ、株式会社 さくら事務所 代表取締役社長 大西倫加さんに伺いました。

〈前回の記事〉一生独身かもしれない……持ち家を買った方がお得?賃貸生活との比較 はコチラ

☆☆☆

東京2020大会後で物件価格が大幅に下がることはない

経済が東京2020大会まで上向き調子で、その後不動産物件含め、いろんなものの価格がガクッと下がるといった話は幻想、いわば都市伝説のようなものです。特に住宅にいたっては、もともと建築現場作業員の高齢化と人手不足が慢性的にある現状です。オリンピック後に人件費がいきなり安くなるわけでもなく、資材物価がいきなりすぐに下がるということもまず考えられません。つまり、連動していないのです。

そもそも、新築マンションは2008年と比較すると供給数が半分になっているんです。売れる立地、仕入れる土地がないということ。仕入れ競争が激しくなっていて、資金力のある大手しか手が出せない状態になっています。価格が下がるというのは、買い手市場になっていて、売り手が群雄割拠したときです。今は、大手だけが力をもち、限られた“購入できる層”に向けて供給を鑑みながら少なく販売しているというのが実情。そのため、供給価格自体は上がることはあっても、「待てばお得に買える」ということはほぼないと思っていいでしょう。

一部、晴海あたりの選手村跡地に立つ物件の大量供給は少し影響するかもしれません。とはいえこれもイレギュラーなケースにあたり、全体的に言うと、やはり「オリンピック後がお得」とはならないと思います。

「オリンピック後まで待てば、お得になるということはないでしょう」(大西さん)

中古マンションも値下がりはしない

中古マンションに関しても同様で、「オリンピック後に安くなる」と考えるのは安易です。新築物件が高ければ、人は中古物件を検討・購入しますよね。需要が高まれば、当然価格も上がります。とくに都心三区(千代田区、中央区、港区)は顕著でしょう。都心の中古マンション価格は日経平均株価に連動するという一面もあります。株価は人の消費意欲などでうつろいますから、もしリーマンショックのときのような株価下落が起こったら、この限りではありません。都心に近く、栄えている立地の住宅は値崩れすることはないでしょう。

買い時は自分で決める

では、住宅を購入するならいつがいいのか、ですが、結局「自分で決める」ということになります。地価自体は2017年に頭を打っていて、下落傾向にはあります。なので、資金的に物件が買える状況であるーーつまり、今の生活をキツキツにしないでローンが組める、そして買いたい事情があり、買いたい物件がある、というのが最低条件でしょう。

ちなみに今、住宅ローンの金利は最低水準です。また、住宅を購入すると、ローン減税もあります。低金利は物件購入の追い風になるというのも一案ですが、実際は金利が上がったら物件価格は下落圧力を受けます。なので、低金利だからと焦って購入するというのではなく、資金力はあるのか、本当にその物件が欲しいのか、あるいは買わなければいけないのか……フラットな目線でいつ買うべきなのかを自分で判断してみてください。

東京2020は不動産購入にどう影響する?

賢人プロフィール


株式会社 さくら事務所 代表取締役社長 
大西倫加

広告・マーケティング会社などを経て、2004年さくら事務所参画。同社で広報室を立ち上げ、マーケティングPR全般を行う。2011年取締役に就任し、経営企画を担当。2013年1月に代表取締役就任。不動産・建築業界を専門とするPRコンサルティング、書籍企画・ライティングなども行っており、執筆協力・出版や講演多数。

取材・文/簗場久美子 撮影/黒石あみ

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定