ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパー耐久:坪井翔が新加入。ST-4クラスを戦うC.S.I Racingが参戦体制を発表

スーパー耐久:坪井翔が新加入。ST-4クラスを戦うC.S.I Racingが参戦体制を発表

1

2020年02月26日 18:11  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真C.S.I RacingからST-4クラスに参戦する坪井翔。2019年の富士24時間レースでは同チームのライバルであるTOM'S SPIRIT 86を駆り、クラス優勝を飾っている。
C.S.I RacingからST-4クラスに参戦する坪井翔。2019年の富士24時間レースでは同チームのライバルであるTOM'S SPIRIT 86を駆り、クラス優勝を飾っている。
 トヨタカローラ新茨城のレーシングチームとして活動するC.S.I Racingが、2020年シーズンのピレリスーパー耐久シリーズに引き続き参戦すると発表。Cドライバーに坪井翔を迎えたことを明らかにした。

 C.S.I Rarcingはトヨタカローラ新茨城が展開する『GR Garage水戸インター』によるレーシングチームだ。2019年にスーパー耐久へのフル参戦を開始した同チームは、Aドライバーとチームのマネージメントを兼務する久保凛太郎と、細川慎弥、山口礼という3名で激戦区のST-4クラスに参戦。

 強力なドライバー陣が乗り込んだGR Garage 水戸インター GR86は第5戦もてぎでの初優勝を含む計3度の表彰台を獲得し、デビューイヤーながらランキング3位という好成績を収めた。

 そんなC.S.I Racingが、2020シーズンもST-4クラスへ継続参戦する。マシンは習熟の進んだ昨年型の『GR86』が引き続き使用されるという。

 一方、ドライバーラインアップには一部変更があり、久保とBドライバーの細川をそのままに、スーパーGT GT500クラスや全日本スーパーフォーミュラ選手権で活躍する坪井翔が、Cドライバーに起用されることがアナウンスされた。

 坪井はC.S.I Racing加入に際し「別チームではありましたが、スーパー耐久に出始めてから3年間、ST-4クラスで戦ってきました。経験は多く積んでいますし2020年は新たなチームでチャンピオンを目指して頑張ります」とチームリリースを通じてコメントした。

 同チームでの2シーズン目を迎える久保は「2019年は参戦初年度ながら表彰台や優勝を経験できましたが、その一方で悔しい想いもたくさんしました」とチームのデビューシーズンを振り返ると、「今年はより攻めた姿勢で結果を残しつつ、チーム全体で進化しながらチャンピオン目指して頑張りたいと思います」と抱負を語っている。
 
 また、細川も「2020年は全戦表彰台。すべてのレースで取りこぼしをなくしてチャンピオンを狙います!」と宣言。

「坪井選手が加入してくれたので、久保選手との若手コンビをしっかりまとめていきたいと思います。24hでは必ず勝つ!! C.S.I Racingの応援宜しくお願い致します」

 デビューレースとなった開幕戦鈴鹿でクラス2位、続く第2戦SUGOでも同2位を獲得すると、第5戦では早くも初優勝を飾ってみせたC.S.I Racing。2020年シーズンに向け、さらに強力な布陣を築いた同チームがST-4クラスの“台風の目”となるか、注目したいところだ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定