ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 「Galaxy S20」には「Titan M」のようなセキュリティチップ「S3K250AF」を搭載

「Galaxy S20」には「Titan M」のようなセキュリティチップ「S3K250AF」を搭載

0

2020年02月27日 10:03  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真 セキュリティチップ「S3K250AF」
セキュリティチップ「S3K250AF」

 韓国Samsung Electronicsは2月26日、モバイル端末向けセキュリティチップ「S3K250AF」とこのチップを採用するターンキーソリューション「Secure Elemet(SE)」を発表した。Galaxy Sシリーズの最新フラグシップモデル「Galaxy S20」などに搭載する。



【その他の画像】



 SEは、セキュリティの国際規格Common Criteriaのセキュリティ保証レベル「EAL5+」の認定を受けたソリューション。米Googleが「Pixel 3」から採用している「Titan M」のように、プロセッサとは別のチップで隔離したデータストレージでプライベートなデータを保護する。



 Samsungは「メールのチェックからオンライン決済、自宅の鍵やフライトチケットまで、スマートフォンは強固なセキュリティ要件を必要とするアプリを提供する。SamsungのSEソリューションは、eUFSなどのメモリとは別に、PIN、パスワード、暗号通貨の資格情報などの機密データと暗号データを安全に保存するための専用の耐タンパー性のある強力なボックス」だと説明している。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定