ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ラッパー・Zeebra「ラディッシュはもっとローカライズされていい!」

ラッパー・Zeebra「ラディッシュはもっとローカライズされていい!」

0

2020年02月27日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12〜14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分〜)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。写真は1月29日、Zeebraのラジオ番組にゲスト出演した福岡ソフトバンクホークスの川島慶三選手(撮影/品田裕美)
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12〜14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分〜)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。写真は1月29日、Zeebraのラジオ番組にゲスト出演した福岡ソフトバンクホークスの川島慶三選手(撮影/品田裕美)
 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *
 いいカラーリングですよね。赤とグリーンのコントラストで。切ったら真っ白な実の周囲に鮮やかな赤丸。それもあって、サラダの飾りというイメージが強いです。ラディッシュって、日本では明治時代から食べられているらしいんですけど、使い道がそこまで広がっていないじゃないですか。あとはせいぜい浅漬けぐらいで。例えば味噌汁に入ってたりすると、ちょっとギョッとしちゃう。いまだにレギュラーメンバーではなくて、たまに来てくれる華やかなゲストという感じです。

 なんだか、長年日本に住んでるくせに「え? 日本語そんだけしかしゃべれないの?」っていう外国人の方みたいですよね。おいしいんだから、もうちょっと心開いてよ、って思います。100年もいるんだからもうちょっとローカライズされてくれよと。まあ、外国人に心理的な障壁を覚えがちな、受け手側の問題かもしれません。フリースタイルダンジョンだって2代目、3代目には黒人もいるしね。お互いに心開かないと。まずは色みを生かして、紅白なますでおせちに進出してみましょうか。

※AERA 2020年3月2日号

    あなたにおすすめ

    ニュース設定