ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 「ミッドサマー」リピーターも

「鳥肌が立った」『ミッドサマー』もう一度観たくなる人続出の大ヒットスタート

24

2020年02月27日 14:43  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ミッドサマー』(C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
『ミッドサマー』(C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
アリ・アスター監督、フローレンス・ピュー主演の映画『ミッドサマー』が2月21日(金)より公開され、全国で満席続出、リピーター鑑賞者も現れる大ヒットスタート。「考察しがいのある映画」「気づいた時に鳥肌が立った」など、緻密な脚本と完璧なクオリティに「もう一度観たい」という声が相次いでいる。



公開前からマスコミ試写や先行上映会で「完璧」「クオリティが高すぎる」と絶賛され、映画ファンの注目を受けていた本作。初日を迎えると、早朝の回から10代〜20代の女性グループやカップルを中心に動員。2月21日(金)から2月24日(月)までの4日間で動員7万7,125人、興行収入1億1545万400円(全国106スクリーン)を記録。同日公開の大作『チャーリーズ・エンジェル』(全国306スクリーン)や、本年度アカデミー賞受賞作『スキャンダル』(全国200スクリーン)を超える興行成績を達成した。


本作の魅力は、“明るいのにおそろしい”白夜のスウェーデンが舞台のスリラーでありながら、劇中に散りばめられた様々な伏線や謎についての考察も楽しめることだろう。

2月11日(火)に先行上映として行われたトークショー付き上映会では、映画評論家の町山智浩氏がアリ・アスターとのインタビューも元に、「今村昌平の『楢山節考』や『神々の深き欲望』に影響を受けている」とストーリーの基本にあるのが日本映画であったことや、「劇中に登場する絵画に(謎を解く)意味が込められている」と語っていた。


そして初日を迎えると、SNS上では細かい伏線の回収や、絵画に込められた意味、劇中の登場人物たちの衣服や屋敷に記されたルーン文字の意味の考察、北欧神話との関連、画面に隠された謎のシルエットについて、さらに「ハッピーエンドでもある」とアスター監督が来日舞台挨拶で語った結末の解釈についてなど、様々な議論が巻き起こり、同日夜にはtwitterの“日本のトレンド”に「ミッドサマー」がランクイン。


一度だけでは見逃しているものも多いかもしれない本作。散りばめられた数々の伏線を見つけたり、どのシーンでどの作品がどう影響を与えているのかを確認したり、何度見ても発見があると、リピート鑑賞をするファンも続出中。

なお、映画公式サイトには、鑑賞後専用の隠された謎や伏線を徹底解析する「観た人限定 完全解析ページ」が設置されている。

『ミッドサマー』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • リアルサマーでもファーストサマーでもない、深夏。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 途中で小屋のなかに描かれた壁画(?)の意味に気づき慄然としました�ڥ󥮥�もう一度、(粗筋は分かっているので)画面の背景/細部、音楽の変化等に意識を注意深く向けて、もう一度観たいです(配信で観るかな)�Ҥ褳
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定