ホーム > mixiニュース > スポーツ > 競馬 > 阪急杯は、コースと血統が「ベストに近い」遅咲き6歳馬に期待

阪急杯は、コースと血統が「ベストに近い」遅咲き6歳馬に期待

1

2020年02月28日 06:02  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 3月1日、阪神競馬場でG刑綉淒奸兵1400m)が行なわれる。

 このレースは、3月29日に中京競馬場で行なわれるG宜眈承楜念(芝1200m)の前哨戦と位置づけられるレースで、過去10年では2013年ロードカナロア、2014年コパノリチャード、2019年ミスターメロディの3頭が、このレースをステップに高松宮記念を勝利している。

 今年のレースで筆者が注目するのは、オーストラリア産馬フィアーノロマーノ(牡6歳/栗東・高野友和)だ。

 同馬は昨年のG轡澄璽咫雫チャレンジトロフィー(中山/芝1200m)勝ち馬。3歳時の2017年1月の新馬戦(京都/芝1600m)を勝ち、大事に使われながら徐々に成長して、5歳で重賞初制覇を果たした。

 ダービー卿チャレンジトロフィー後、G軌妥諜念(東京/芝1600m)は14着、G汽泪ぅ襯船礇鵐團ンシップ(京都/芝1600m)は13着と大敗が続いた。だが、今回と同じ条件で行なわれた前走のG矯綽寸叩丙綽澄深1400m)は好内容だった。勝ったグランアレグリアには5馬身差をつけられたものの、中団追走から最後までしぶとく伸びて2着を確保した。

 阪神コースではこれまで3戦して2勝、2着1回。2018年のファイナルS(1600万下、芝1400m)では好位追走から楽々と抜け出し、2着に1馬身1/4差をつける完勝だった。3歳時にも芝1600m戦を勝利しており、この阪神/芝1400mはベストに近い条件と言えるだろう。

 フィアーノロマーノは明け6歳となるが、南半球生まれのため8月21日の遅生まれ。5歳にして初めて重賞を勝ち、これまで14戦と大事に使われてきているので、今年の飛躍も期待される存在だ。

 次に血統を見てみよう。父ファストネットロックは、世界的大種牡馬デインヒル産駒で、オーストラリアでは2度、リーディングサイアーに輝いた成功種牡馬だ。現役時代は芝1000mと1100mの豪G気鮠〕したスプリンターで、種牡馬としては英オークス馬クオリファイなどオーストラリア以外でもG鞠呂鮟个靴討い襦

 日本ではフィアーノロマーノのほかにも、G轡ーシャンS(中山・芝1200m)を勝ったメラグラーナを輩出。産駒は阪神/芝1400mで14戦4勝の好成績で、フィアーノロマーノ(1勝)、メラグナーナ(1勝)、ブラヴィッシモ(2勝)が勝利し、そのうちブラヴィッシモは2016年の阪急杯で3着に入っている。

 牝系も優秀で、母ハートアシュレイはミスプリークネスSなど米G靴鬘仮 G貮磴吠藤猫汽粥璽襯疋ップアットサンタアニタSのキューピッドなどがいる良血だ。阪急杯での重賞2勝目に期待する。

 もう1頭挙げるとすれば、ジョイフル(牡6歳/栗東・吉村圭司厩舎)を推したい。

 この馬も6歳で、5歳時の昨年に本格化した遅咲き。昨年12月のOPタンザナイトS(阪神/芝1200m)では、4コーナー14番手から鮮やかな差し切りを決めた。芝1400mでも、昨年の新潟日報賞(新潟)、一昨年の3歳以上1000万下(阪神)で勝利を挙げており、距離も問題はなさそうだ。

 以上、今年の阪急杯はフィアーノロマーノ、ジョイフルの2頭に期待したい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定