ホーム > mixiニュース > コラム > 女性が考える理想の残業時間1位「1〜19時間」 「残業の多い人は社内掲示板に掲載される」という声も

女性が考える理想の残業時間1位「1〜19時間」 「残業の多い人は社内掲示板に掲載される」という声も

2

2020年02月28日 06:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

キャリアデザインセンターは2月25日、「女性と仕事」に関する調査結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、同社運営の転職サイト「女の転職type」を利用する758人から回答を得た。

1か月あたりの平均残業時間を聞くと、最多は「1〜19時間」(52.4%)だった。次いで「20〜49時間」(23.2%)、「残業なし」(19.1%)、「50〜59時間」(3.3%)、「80時間以上」(2%)と続いた。

「直近1年間に残業時間を減らす取り組みがなかった」と4割超が回答


年代別にみると、残業なしの「20代」(14.6%)は、他の「30代」(21.9%)、「40代」(21.2%)と比べて低く、20〜49時間の「20代」(28.7%)は、「30代」(23.2%)、「40代」(17.7%)とよりも多かった。

一方、理想の残業時間を聞くと、最多は「1〜19時間」(58.2%)に。次いで「0時間」(34.4%)、「20〜49時間」(7%)、「50〜79時間」(0.3%)、「80時間以上」(0.1%)といった回答もあった。

年代別では、0時間が「30代」(41.4%)のみ4割超に。このほか「20代」(29.5%)、「40代」(33.1%)も3割近かった。

「直近1年間に残業時間を減らす取り組みがなかった」(42.9%)という人々に対し、「同様の取り組みがあった」(32.8%)という人は、3人に1人にとどまる。具体的な取り組み事例としては

「上司自ら残業をしない方針をとり、部下が退勤しやすい環境を作った」(30代/サービス・販売系/正社員/大阪)
「残業時間の多い人は社内掲示板に掲載されるようになった」(30代/事務・経理・人事系/正社員/神奈川)
「残業時間を減らすと、評価が上がる仕組み」(20代/営業系/正社員/千葉)

といった環境整備のほか、「リモート勤務やフレックス勤務が導入されました」(30代/事務・経理・人事系/派遣社員/神奈川)、「PCが管理されていて、ログインできない時間帯がある」(40代/営業系/正社員/東京)とシステム面での改善もみられた。

残業時間を減らすのに最も効果的だと思う方法を聞いたところ、半数近くが「上司や組織が仕組みを変える」(44.7%)と回答。次いで「会社が制度やルールを変える」(24.5%)、「国が法律や罰則を厳しくする」(17.3%)が続いた。

このニュースに関するつぶやき

  • お得意の「ハラスメント事案吹っ掛け攻撃」でどうにかしたらぁ?(鼻ほじ)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定