⼭下健⼆郎がキレッキレのゾンビダンスを披露 鈴木おさむ監督作『⼋王⼦ゾンビーズ』予告編

0

2020年02月28日 07:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『⼋王⼦ゾンビーズ』(c)2020「⼋王⼦ゾンビーズ」製作委員会
『⼋王⼦ゾンビーズ』(c)2020「⼋王⼦ゾンビーズ」製作委員会

 6月5日公開の映画『⼋王⼦ゾンビーズ』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。


参考:映像はこちら


 本作は、2018年8⽉に上演された鈴⽊おさむ脚本・演出の舞台を映画化したもの。ダンサーとしての夢を諦め⾃分探しに修⾏体験に⾏った寺で⼭下演じる主⼈公・⽻吹が出会ったのは、成仏できないイケメンゾンビ“⼋王⼦ゾンビーズ”。彼らが成仏する唯⼀の⽅法は満⽉に向かって踊ること。ダンスの“ダ”の字も知らないゾンビたちを叱咤激励しながら、次第に彼らは⼼を通わせていく。


 主⼈公の夢破れたダンサー・⽻吹隆を演じるのは、舞台『⼋王⼦ゾンビーズ』で初主演を飾り、映画版でも同役で初主演を飾ることとなった⼭下健⼆郎。三代⽬ J SOUL BROTHERSのパフォーマーとしてだけではなく、ドラマ・映画で俳優として、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で⼤活躍中の⼭下が、舞台に引き続き、華麗なダンスとコミカルな演技で観客を楽しませる。


 また、夢に破れた⽻吹が“⾃分探し”のために向かった⼭奥の寺に出現する、成仏できない“訳あり”イケメンゾンビ「⼋王⼦ゾンビーズ」たちを演じるのは、『⼑剣乱舞』や『テニスの王⼦様』などをはじめとする⼈気ミュージカルに出演している久保⽥悠来、藤⽥玲、丘⼭晴⼰、⾼野洸、牧島輝、三浦海⾥、才川コージ。また、劇団EXILEで活躍する⼩澤雄太も加わり、ゾンビメイクを施した俳優陣が、個性豊かなキャラクターたちを演じる。


 ポスタービジュアルは、僧侶姿でゾンビたちに振り回される主⼈公・⽻吹(⼭下健⼆郎)とともに、⼀⾒おどろおどろしいがよーく⾒るとイケメン揃いのゾンビたちが集結。あわせて公開された予告編では、山下たちのキレッキレのダンスシーンをはじめ、マイケル・ジャクソンの「スリラー」を彷彿とさせるような⼀場⾯も切り取られている。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定