北海道の元祖しっとり系バウムクーヘン

1

2020年02月28日 10:02  オズモール

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆【北海道のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!北海道を代表する元祖しっとり系バウムクーヘン

(c)YOSHIMOTO KOGYO
年間500軒は食べ歩くというスイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた、きらめくご当地の宝石!?のような絶品スイーツをご紹介。アンテナショップを巡って探して出してきた、スイーツなかのイチオシのご当地スイーツは一度は食べたい逸品ばかり! 今回のテーマ「バウムクーヘン」から、「北海道どさんこプラザ有楽町店(有楽町)」の逸品、柳月の「三方六」をお届け。



意外と知らない三方六ストーリー!
よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、北海道「柳月」が作る「三方六」をご紹介します。バウムクーヘン特集の中では、一番知名度も高く、食べたことある方も多いと思います。僕も北海道へ行った際は買ったり、お土産でもらったりと、まさに北海道を代表するお菓子のひとつ。バウムクーヘンでは珍しい独特な形やマーブル状の模様が特徴で、一度見たら忘れられませんよね。手がける柳月さんは、今では看板商品の「三方六」のイメージが強いですが、創業当初はバウムクーヘンは作っていませんでした。1947年、帯広市でアイスキャンディーの製造業をスタート。「三方六」が誕生したのは1965年で、北海道開拓時代の背景をベースに考案されました。





「三方六」が発売され、実に50年以上。改めてその歴史の長さを実感します。ただ、これだけ長く愛されているお菓子ではありますが、意外と「三方六」の名前の由来を知らない方もいませんか? これは、薪のサイズからきているネーミング。先ほど、北海道開拓時代の背景をベースに作られたと書きましたが、ここに薪が関係しています。当時は開墾のための伐採が各地で行われ、まっすぐな木は建築のために、残った木材は薪を割り厳しい冬の燃料にしていました。「三方六」はこの薪をモチーフにしたお菓子で、形状が三方、六寸であったことから「三方六」と名付けられました。言われてみれば、たしかに薪の形! 人々の温もりの象徴だった薪をお菓子にして、北海道の歴史を語り継いでいます。



三方六プレーン1本(680円) ※メープル(720円)ほか複数タイプあり
モチーフが薪であったように、マーブル状の模様も木に由来。それが、北海道ではなじみの深い木、白樺です。シラカンバとも呼ばれ、この木肌をホワイトチョコレートとミルクチョコレートをコーティングして描いています。このチョコレートをかけるタイミングを間違えると、きれいに白樺模様ができなく、けっこう難しいそう。味としては、一番特徴的なのがしっとりとした食感! 元祖しっとり系バウムクーヘンと呼ぶ人も多いほど、バターたっぷりの香ばしいしっとり生地がナイスィーツ! チョコレートで包むことで生地が乾燥しないため、このしっとり感も生まれるそう。素材にもこだわり、地元の帯広産の小麦粉を使うなど、ストーリー、デザイン、素材、と「オール北海道」を掲げたお菓子です。定番のプレーン以外には、メープル味も人気です。一つひとつカットされてカジュアルに食べやすいので、おやつの時にみんなでシェアして食べてみてはいかがでしょうか!


    ニュース設定