風間俊介 老舗寿司屋に弟子入り、寿司より先に握ったものとは…!?

1

2020年03月02日 04:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

風間俊介がイメージキャラクターを務めるANAカードの新TVCM「師弟篇」が3月6日より関東地区にて放送がスタートする。TVCMの公開に先立ち、2日(月)午前10時からはキャンペーンサイトにてCM動画とCMのスピンオフ漫画が公開される。


本CMでは、日々の買い物や支払いでマイルが貯まることを表した「毎日にマイルを。人生にドラマを。」をテーマに、風間が老舗寿司店の見習いを演じている。自身も日常生活でマイルを活用する『マイラー』である風間が、まだ寿司も握らせてもらえない見習いにもかかわらず、師匠に対してANAカードのマイルの貯まりやすさを真剣に説明する、シュールなストーリーになっている。

師弟関係という立場ながらANAカードのメリットを熱く語る風間の迫真の演技は必見の内容だ。風間ならではの緻密な役作りが活かされたCMとなっている。

今回CMの他にも、CMのスピンオフ漫画「風間いつかは三代目」がWEBサイト上で掲載される。この「風間いつかは三代目」は、グルメ漫画『築地魚河岸三代目』などで有名なはしもとみつおが手掛けており、風間が登場する初の漫画となる。


<撮影秘話>
当初制作チームは、主人公のキャラクターを“歯に衣を着せないチャキチャキな人柄の弟子”と想定していたが、現場入りした風間から“師匠を想うあまり、感極まって物申してしまう弟子”というキャラクターの提案があった。実際にそのキャラクターで演じてもらったところ、チーム一同納得の芝居で、結果として風間から提案された人物像をもとにCMの世界観を構築してきた。CM本編以外にも6秒Web広告を作成しているが、様々なパターンを準備され演じ分け、30秒のCM以上に短い尺の中でシュールな現場を作り出す風間の姿は、その都度スタジオを見守るスタッフが笑いをこらえるのに必死なほどの迫真の演技だった。

その他にもCMとは別に、都内の魚市場でグラフィックを撮影した際、“魚と氷のつまった発泡スチロールの箱を抱えて、移動するカメラに合わせて駆け抜けながら表情を崩さずお芝居をし続ける”、といったスタッフの要求がハイレベルな撮影でも、難なくこなしてしまう風間の対応力の高さに、撮影チームも改めて驚かされた。


■ANAカード新TVCM「師弟篇」(30秒)
放送開始日:3月6日(金)〜
放送地域:関東地区

    あなたにおすすめ

    ニュース設定