JR西日本、大阪駅・明石駅・京橋駅に新たなホーム柵 - 3月使用開始

2

2020年03月02日 20:02  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR西日本は27日、駅のホームの安全性向上をめざし、設置工事を進めていた大阪駅2番のりば、明石駅4番のりば、京橋駅4番のりばのホーム柵を使用開始すると発表した。新今宮駅1・4番のりばに可動式ホーム柵を設置することも発表された。

新たにホーム柵の設置が発表された駅のうち、大阪駅2番のりばと京橋駅4番のりばは大阪環状線外回りの列車が停車し、柵の高さ約1.3m、最大開口約3.5m、柵延長約160mの可動式ホーム柵が設置される。大阪駅2番のりばの可動式ホーム柵は3月10日の始発電車、京橋駅4番のりばの可動式ホーム柵は3月17日の始発電車から使用開始する。

明石駅4番のりば(JR神戸線)では、ホーム柵の高さ約1.3m、最大開口約13m、柵延長約240mの昇降式ホーム柵を設置。3月12日の始発電車から使用開始となる。

新今宮駅の1・4番のりばに可動式ホーム柵を整備する計画であることも発表された。ホーム柵の高さ約1.3m、最大開口約3.5m、柵延長は1のりばあたり約160mで、2021年度の使用開始を予定している。(木下健児)

    ランキングトレンド

    ニュース設定