ホーム > mixiニュース > 海外 > 感染の看護師 思い悩んで自殺

新型コロナ陽性の看護師 「周りに感染させたかも」と思い悩み自殺

378

2020年03月27日 11:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Wavebreakmedia/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Wavebreakmedia/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多数の感染者で溢れかえる病院で勤務していた看護師が、「新型コロナウイルスに感染している」という事実を知り愕然。隔離生活を送りながら回復を目指していたが、「感染者を増やしてしまったかも…」と悩み、ひどいショックから立ち直れないまま自ら命を落としてしまった。

■患者を救おうと努力

新型コロナウイルスによる感染被害が厳しいイタリアの病院で、ひとりでも多くの患者さんを救おうと必死に働いていた看護師のダニエラ・トレッツィさん(34)。

とりわけ感染拡大が深刻な地域にある病院の集中治療室で働いていたダニエラさんは、あるとき体調の悪化に気づいた。

関連記事:体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

■検査結果に愕然

新型コロナウイルスの症状が出始めるまで、まさに第一線に立ち働いていたダニエラさん。だが体調悪化を自覚するようになり、3月に入ると感染の有無を調べるため検査を受けた。

その結果、「陽性です」と聞かされたダニエラさんは大きなショックを受けた。すぐに現場を離れ隔離生活を始めたものの、「私もウイルスをまき散らしたかもしれない」と思い悩み、ずいぶん不安そうにしていたという。

■最悪の結果に

「医療チームのメンバーでありながら、現場で多くの人に感染させたかも」と思いつめたダニエラさんは、自宅にこもり回復を待つ一方で、ひどいストレスに苦しんでいたとのこと。

その結果、ダニエラさんが選んだのは闘病続行ではなく自殺。発見時の遺体の状況などは伏せられているが、「かなり悩んだ末の決断だった模様」と多くのメディアが一斉に報じた。

■悲しみの声

「集中治療室で苦しむ患者さんの様子を知っていただけに、余計につらかったのではないか」「このようなことが起きて本当に悲しい」という声が目立つ。

一方で、「実際には回復する例も多いというのに…」「疲れもあり、精神的に不安定になっていたのではないか」というコメントもインターネットに多く書き込まれている。

現地の看護協会はダニエラさんの自殺につき、「本当に悲しいことです」「激しく動揺しています」といった内容の声明を発表している。

・合わせて読みたい→新型コロナ流行拡大のイタリア 感染源とされる初の重症患者は勤務先も公開

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

このニュースに関するつぶやき

  • いやいや、いま病院の集中治療室に来てるってことは患者は全員感染してから来てるから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この人は何も悪くないでしょう?悪いのは、コロナが流行っているのに海外旅行だとかライブだとか遊びに出かける人たち。
    • イイネ!367
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(226件)

あなたにおすすめ

ニュース設定