ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 三山ひろし「けん玉教室」自宅待機の子どもへ向けて

三山ひろし「けん玉教室」自宅待機の子どもへ向けて

0

2020年03月27日 12:01  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真YouTubeでけん玉教室を配信することが決まった三山ひろし(撮影・大友陽平)
YouTubeでけん玉教室を配信することが決まった三山ひろし(撮影・大友陽平)

演歌歌手三山ひろし(39)が27日、都内で「三山ひろし春休みけん玉教室」の収録を行った。


けん玉検定4段で、2級指導員の資格を持つ三山が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅待機の子ども向けに、YouTube「MAO.Yチャンネル」で29日から5日間、けん玉技を“宿題”として配信する。披露する「どじょうすくい」などの技は「誰でもできるバラエティー色が強い技を取り入れた」といい「おもしろおかしく、笑いながら楽しんでいただいて、気を紛らわしてもらえれば」と話した。技に挑戦した動画を、ツイッターなどで「#三山ひろしチャレンジ」をつけて投稿すると、オリジナルグッズがもらえる企画も行う。


新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自身のコンサートやイベント、プロモーション活動も軒並み中止、延期となっており「毎日、家でプラモデルを作ってます…。ファンの方もご年配の方が多いですし、自粛中です」。また、地元高知で、東京オリンピック(五輪)の聖火リレーに参加する予定だった。五輪が延期となり「トーチと同じ重さの木を作って、200メートル走る練習もしていたので、すぐにいかせなくて残念。でもお楽しみは後で…ということで、前向きにとらえていきたいです」と話した。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定