「目がウルウル」「ぬいぐるみのよう」と話題のバイカルアザラシ赤ちゃん、飼育員さんにかわいさの理由を聞いてみた

72

2020年03月29日 09:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2月25日に誕生した、バイカルアザラシの赤ちゃん(提供:鳥羽水族館)
2月25日に誕生した、バイカルアザラシの赤ちゃん(提供:鳥羽水族館)
 先月2月25日に鳥羽水族館で初となるバイカルアザラシの赤ちゃんが誕生。鳥羽水族館の公式Twitterに投稿される愛らしい写真たちに「ほ、ほんもの…?」「クリクリの目がとてもかわいい」「麻呂眉毛がゴマちゃんみたい」と多数の反響が集まった。マスコットのように特徴的でかわいいと言われるバイカルアザラシの“目”や“眉毛”は何のためにあるのか。鳥羽水族館の担当職員さんに話を聞いた。

【写真】眠たいバイカルアザラシの赤ちゃん…飼育員さんからのボール遊びの誘いを華麗にスルー

 バイカルアザラシは、ロシアにあるバイカル湖という淡水の湖だけに生息している。ぬいぐるみと勘違いしてしまうのも頷ける、とても大きな目が特徴的だ。

――SNSで写真をアップされるたびに、話題になっている印象です。「ぬいぐるみにしか見えない」「拭かれてるときに動かないなんてエライ」「うちの子になりませんか?」など、多くの反響があがっていることに対してあらためていかがですか?

「うちの子はやっぱりかわいい! その一言につきます」

――お世話をしていて、バイカルアザラシ赤ちゃんの最もかわいいなと感じるところはどこですか?

「泣いて意思表示をするところです。ミルクが欲しい、遊んでほしい、ウンチが出そうなど。その泣き方はずるい!もうちょっと待っててぇ…という気持ちになります」

――バイカルアザラシの大きな特徴のひとつが、大きな目であると思います。他の種類のアザラシに比べてなぜこんなにも大きいのでしょうか?

「バイカル湖は、とても透明度の高い湖です。バイカルアザラシは目に頼って狩りをするため、目が発達したと言われています」

――バイカルアザラシがフワフワの状態は、時期でいうといつ頃からいつ頃ぐらいまでなのでしょうか?

「白い毛が抜け出すのは、生まれてから2週間後ぐらいから。そこから少しずつ抜けていき1ヵ月〜1ヵ月半程度で全て抜けて、大人の黒い短い毛が生えている状態になります。現状はまだモフモフの状態を保っていますが、水の中に入ると黒さが目立つようになってきました。ちなみに、赤ちゃんは麻呂眉ですが、それも白い毛が抜けると無くなってしまいます」

――これから大人になっていくバイカルアザラシの赤ちゃん、鳥羽水族館でどのように暮らしていってほしいと感じますか? またバイカルアザラシの赤ちゃん以外に、これからの時期に見るのがおすすめの海の仲間がいればお聞かせください。

「もちろん元気に育っていって、まだまだ先のことですが、次の世代をつなげていけるようなバイカル生を歩んでいってほしいです。一般公開の時期はまだ未定ですが、Twitterから日々の様子を投稿しています。鳥羽水族館には他にもかわいい仲間たちがいます。春イベント『春爛漫!ピンクコーデな生きものたち』が3月22日より開催中です」

このニュースに関するつぶやき

  • サムネイルを見ると身体がちょっとしか見えなくてどうなってんの!?と驚いた
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • みみんちのモッチもこんな顔する時ある(∵`)�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!37
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(42件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定