渡辺直美、『ドラ恋』濃厚キス4連発に動揺「激しすぎない?」 平田梨奈はせりふ飛び悔し泣き

0

2020年03月30日 13:59  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜』第10話(C)AbemaTV
『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜』第10話(C)AbemaTV
 AbemaTVの人気リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban LOVE〜』(毎週土曜 後11:00〜)の第10回が28日に配信された。

【場面カット】せりふが飛び涙を流す平田梨奈

 『ドラ恋』は、「恋愛ドラマの共演で俳優と女優は禁断の恋に堕ちてしまうのか!?」をテーマに、ネクストブレイクを期待される若手俳優と女優が、恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をするのかを追う恋愛リアリティーショー。今回は、男性3人、女性3人という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑(たすく/24)、千綿勇平(チワ/28)、南北斗(ほくと/21)、木村葉月(はづき/19)、日比美思(みこと/21)、若菜(わかな/26)らの6人に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(ひらりー/21)、そして第4話では根岸拓哉(タクヤ/23)が新たに加入した。

 28日の放送では、レギュラーMCを務めるあ〜ちゃんに代わり、『ドラ恋』シーズン3の卒業メンバーである“れにゃ”こと麻木玲那と、シーズン4の卒業メンバー“もも”ことしとうももが出演し、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』最終話の主役を決める最後のオーディションを見守った。今回のオーディションは、ペアを決めずにけいこを行い、ランダムに選ばれた相手とオーディションに挑戦する“個人戦”に。早速、おのおの台本に集中する8人。そんな中、ほくとが「やらない? 一緒に」とはづきをけいこに誘い、スタジオメンバーは「よしよし!」と、一途にはづきを想い続けるほくとに対し、応援モードに。ほくととけいこを始めるも、「やばい、全然せりふが入らない…」と焦りを見せるはづきに、直美は「珍しいね、はづきがセリフ覚えられてないの。ちょっとほくとを意識してるんじゃない?」と推察した。

 その後、せりふを覚えるのに苦戦していたはづきは、ほくとと離れて再び1人でけいこをすることに。そこで、今度はたすくが「やるぞ」とはづきに声をかけ、自分の場所にはづきを呼び寄せるが、そのすぐ後ろには、たすくに想いを寄せるみことの姿が。少し前まで、熱烈に好意を伝えてきた相手・みことがすぐ近くにいるにも関わらず、「俺ははづきちゃんとペア組めたら絶対いけるけどな」と発言するたすくに、スタジオからは「やめて!」「これ聞こえてるって!」「みんなの前で言わなくてもいいじゃん」「超ショック。泣いちゃう」と、みことを案じる声が上がった。

 いよいよ今シーズン最後となるオーディションへ。演技指導の澤田育子先生より「今回のオーディションは、本当にキスをしても構いません」と説明があり、キスを“する”のか“しない”のか、その判断はその場でランダムに選ばれたペアごとに決めていくことに。そんな中、トップバッターに選ばれたわかなとほくとは、初っ端から本番さながらの“濃厚なキス”を披露し、「う〜わ〜! すごいねぇ!」「一発目にこれはすごいわ」とMC陣の度肝を抜いた。次いで2番手となったみこととチワも、予想を超える大胆なキスを披露。チワの初キス演技に直美は「結構良いキスよ!? ちょっと激しすぎない!?」と動揺し、ジャルジャルの福徳秀介も「パワーがあった」と絶賛した。続いて、ひらりーとたすくの2人が選ばるが、「せりふがすごい難しくて、言い返しとか間違える…」と、不安を漏らしていたひらりーが演技中にせりふを飛ばしてしまう。なんとか、キスまでを演じ終えた2人だが、その直後、ひらりーは崩れ落ちるようにしゃがみ込み、悔し涙を流した。

 そして、最後は残ったはづきとタクヤが挑戦。「キスはどうする?」という問いに「受ける」と力強く答えるはづきに対し、「個人戦って言ってるけど、俺らの空気が大切だから2人で取る気で行こう」と耳打ちし、お互いを鼓舞するタクヤ。この様子に、MCメンバーは「かっこいい〜」「気合い入っちゃうね、あんなこと言われたら」と、タクヤの男らしさと演技に対するストイックな一面を評価した。

 オーディション後、最終話の主役は8人全員による“話し合い”で決めることが明かされ、「主役にふさわしいと思う大樹・恵子役のどちらか一人を決める。ただし、全員一致が条件。全員一致で決まらなかった場合は投票で決定する」というルールのもと、8人は早速話し合いを開始。たすくの「女性は男性、男性は女性で誰が(主役に)いいと思うか、まず挙げへん?」との提案で、それぞれ名前を挙げた結果、男子全員がはづきを推薦。さらに、その結果を受け、ひらりー、みこと、わかなの3人も、はづきを主役に推薦しました。これまで1度も主役を勝ち取れていないチワは「俺の気持ちだけは、ちゃんとみんなに伝えたいなって思うから。別にこれで変えてくれとか言ってるわけじゃないけど、やらない後悔より、やった後悔の方がいいと思うから。これだけは言わせてほしい」と切り出し、「大樹やらせてください。絶対にいいものにするってみんなに誓うから。でも、みんなで決めるってなって、(恵子は)はづきちゃんってなってて、俺の一票だけおかしくなってて、俺もはづきちゃんにやってほしいと思う。だからそれでいいと思う」と、苦しい心境を明かした。

 しかし、主役を“やりたい”のか“やれなくてもいい”のか、ハッキリしないチワに、たすくが「ほんまにいいん? これ終わりやで、もう。俺、正直、今の聞いて、チワちゃんより主役やりたい気持ち弱いわ。だから、絶対ここで口出さん。けど、それでいいん? ここで終わりでいいん?」と噛みつき…。その後、話し合いは1時間にも及ぶも全員一致の結論が出ず、投票が行われることに。はたして、最後の主役を掴むのは、いったい誰に?

■劇中ドラマ『BANG BAN LOVE』概要
 ある日、東京でキッチンカーを営む大樹の元に義理の妹・恵子が訪ねてくる。実は1年前、恵子は大樹に告白。二人は兄妹という関係でありながら、互いにひかれ合っていたのだ。しかし現在、大樹には梨花という恋人がいた。
 そんなある日の夜、恵子は眠る大樹にキス。その姿を梨花は目撃し盗撮、怒りに震える。自分の犯した罪の大きさを感じた恵子は大樹をふっきろうと、スキー場での住み込みバイトを始めるが、大樹はそんな恵子を追いかけ、恵子への想いを告白するのだった…。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定