桜庭ななみ、英人気ドラマ『13』リメイクで主演「とってもチャレンジング」

1

2020年04月01日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真大人の土ドラ『13』で主演を務める桜庭ななみ
大人の土ドラ『13』で主演を務める桜庭ななみ
 女優の桜庭ななみが、6月スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『13(サーティーン)』(毎週土曜 後11:40)に主演することがわかった。イギリスでブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマ『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』をリメイクする。朝ドラ『スカーレット』では主人公の妹・川原直子役を好演した桜庭は、13歳から13年間行方不明となっていたが、突如家族のもとに帰還した主人公・百合亜を演じる。桜庭は「私にとってもチャレンジングなので、1シーン1シーンどこまでも深く、しっかり自分の中に入れてお芝居をしていきたいです」とやる気をにじませている。

【場面カット】13年ぶりに戻った自宅で、思わず手掴みでケーキを食べる百合亜

 13歳の時に行方不明となった少女・百合亜。それから13年後。突如家族のもとに戻ってきた百合亜を待っていたのは、様変わりした世界そして、家族はバラバラになっていた…。少女の生還は、人々の運命を変える。見た目は26歳だが精神はまるで13歳のころから止まったかのよう。とらえどころのない百合亜の言動は、周囲の人々を翻弄し、その運命を狂わせていく。

 誘拐されたと警察に話す百合亜。一体13年の間に、何があったのか?捜査を進める担当刑事たちは、葛藤しながらも百合亜の供述に疑問を持つ。事情聴取での百合亜の証言は二転三転、矛盾していた。そんななか、第二の事件が発生。さらに、百合亜が隠していた真実が明らかになっていく。そして、残された家族が抱えていた、隠された真実とは…。

 原作は、イギリスで795万人(イギリス総人口の約8人に1人の割合)が視聴をリクエストし大ヒットを記録。日本版では、原作の持つサスペンス要素をそのままに、さらに家族それぞれのストーリーにも注目。13 年ぶりの百合亜の帰還がもたらすのは、家族の再生か、それとも崩壊か…。失われた時と失われた家族の絆。13年ぶりに帰ってきた少女が見つけたものとは。

 桜庭は「百合亜は13年ぶりの家族や周りの環境の変化に戸惑う一方で、『本当に事件の被害者であったのか?』と思われるような行動をとる女の子。最後の最後まで、本心を隠す百合亜を視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらと思っています」とミステリアスな演技にも意欲をみせる。

 また、原作もすでに視聴したそうで「主人公のアイビー(※本作では百合亜)が13歳で時が止まった純粋な部分と、なんだか大人っぽい魅力を感じさせる部分を持っていて、とても魅了されましたし、その言動に最後までハラハラドキドキさせられました。彼女の13年間の過ごし方を感じとり、私も演じる上でこの魅力を表現できたらな、と思っています!」と刺激を受けたよう。「『過去は取り戻せなくても前に進むことはできる!』ということを教えてくれる作品だと思います。とにかくハラハラドキドキしながら、最後の結末まで楽しんでいただきたいです。百合亜のつかみどころのない魅力を、しっかり表現します!」とコメントを寄せている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定