虚構新聞がエイプリルフールに“本当”記事掲載 社主「わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか」

50

2020年04月01日 14:58  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新型コロナ「『他人事』ではなく『自分事』に」 識者に聞く(虚構新聞)
新型コロナ「『他人事』ではなく『自分事』に」 識者に聞く(虚構新聞)

 虚構ニュース“のみ”を扱うニュースサイト「虚構新聞」が、エイプリルフールに掲載した記事が話題となっています。ネット上では「あっ、そういうことか!って声出た」「だまされた」といった反応も。



【その他の画像】



 虚構新聞が4月1日に掲載したのは、「新型コロナ『“他人事”ではなく“自分事”に』 識者に聞く」との記事。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「まず科学に基づいた確実な情報を知ることが大切です」とし、科学コミュニケーターの本田隆行さんに取材しています。あれ、どこに“虚構”要素が……?



 記事では「今回の新型コロナウイルスについていま分かっていること」「感染するとどのような症状が出るのか」「どうすれば感染を予防できるのか」などを本田さんに聞いており、新型コロナウイルス対策として普通に役立つ内容。最後に(※今日4月1日はエイプリルフールです。)という謎の注釈があり、それで記事は締めくくられています。



 実はこの記事、タイトルの後ろをよく見ると白文字で「これは嘘ニュースではありません」とのメッセージが。普段からウソしかついていない虚構新聞の場合、エイプリルフールは年に1回だけ「本当のことを書ける日」なんですね。



 なぜこのような記事を掲載したのか、虚構新聞社主のUKさんに聞きました。



・・・・・



―― なぜこのような記事を掲載したのでしょうか。



 4月1日のエイプリルフールは本紙が本当のことを書ける唯一の日です。「新型コロナに関するデマはやめよう」という流れの中で、新型コロナに関する正しい情報を分かりやすく伝えることが今の時期に最も適した記事だと考え、科学コミュニケーターの本田隆行さんに解説をお願いしました。毎年4月1日は本紙への注目が高まる日なので、今回の記事が正しい情報を広く読んでもらえる機会になればと思います。



―― エイプリルフールについて虚構新聞の立場からどう思いますか。



 わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか。



・・・・・



 虚構新聞がWebサイト上で「(逆)エイプリルフールネタ」を実施するのは実は4年ぶり。2016年にはシャープさんに取材し、シャープの「゜」紛失事件についてインタビューしていました。


このニュースに関するつぶやき

  • 朝日新聞はまいにちフェイクばら撒いてるだけでなく嘘のセンスゼロだしな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • おいこら!遠回しに朝日新聞の悪口を言うのは止めろよ!日付さえ間違う新聞だぞ(笑)http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?owner_id=6947640&photo_id=2326010978
    • イイネ!40
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(30件)

あなたにおすすめ

ニュース設定