湯浅政明監督、「サイエンスSARU」代表取締役社長を退任 「休みながら次の準備を始めるつもりです」

5

2020年04月01日 21:58  ねとらぼ

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真湯浅政明さん
湯浅政明さん

 「夜は短し歩けよ乙女」(2017年)、「映像研には手を出すな!」(2020年)などの作品で知られるアニメーション監督の湯浅政明さんが4月1日、アニメ制作会社「サイエンスSARU」の代表取締役社長を退任したことをTwitterで報告しました。



【画像】2021年公開予定の「犬王」



 湯浅さんは「このたび3月25日をもちまして株式会社サイエンスSARUの代表取締役社長を退任いたしました」と報告。「創業以来7年あまり自分がやってこれたのも、お力添えいただいた方々のお陰と感謝しております。ありがとうございました」と伝えています。



 同社はプロデューサーのチェ・ウニョンさんらとともに2013年に設立。アメリカの人気アニメシリーズ「アドベンチャー・タイム」のエピソード制作を手掛けたのを皮切りに、これまでに「夜明け告げるルーのうた」(2017年)、「DEVILMAN crybaby」(2018年)、「きみと、波にのれたら」(2019年)といった作品を世に送り出しています。



 2021年には古川日出男さんの著書『平家物語 犬王の巻』を原作としたアニメ映画「犬王」の公開が控えていますが、続くツイートによると、「引き続き『犬王』を監督した後、7年 休みなく邁進して来た分、休みながら次の準備を始めるつもりです」とのこと。また、2020年夏には、Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」も公開予定です。


    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定