漫画『ONE PIECE』初版300万部超が10年続く「驚異的な記録」 全世界累計4.7億万部突破

115

2020年04月03日 00:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真漫画『ONE PIECE』のコミックス第96巻 (C)尾田栄一郎/集英社
漫画『ONE PIECE』のコミックス第96巻 (C)尾田栄一郎/集英社
 人気漫画『ONE PIECE』(ワンピース)のコミックス第96巻が3日に発売され、全世界累計発行部数4億7000万部(国内3億9000万部以上、海外8000万部以上※42以上の国と地域)を突破したことが、集英社から発表された。また、2010年3月に発売された57巻以降、コミックスは初版300万部以上発行する「驚異的な記録」を10年以上更新し続けていると明かした。

【動画】『ONE PIECE』96巻CM「全伏線、回収開始。」

 『ONE PIECE』は、1997年7月22日より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした少年漫画で、伝説の海賊王・ゴール・D・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”をめぐる海洋冒険ロマン。悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べゴム人間となり、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公の少年モンキー・D・ルフィが、仲間を集め海賊「麦わらの一味」を結成し、海賊王を目指す壮大なストーリーとなっている。

 作者・尾田栄一郎氏の初連載ながらもバトルやギャグ、感動エピソードなど少年漫画の王道として人気を博し、99年からテレビアニメ化、2000年から劇場アニメ化、15年に歌舞伎化されるなどメディアミックスが展開。さらに、ハリウッド実写ドラマ版が、Netflixで全世界独占配信されることが決まっている。

 また、10年3月4日に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数300万部は、日本出版史上最高初版発行部数を記録し、12年8月3日発売の67巻は自己記録を更新する初版405万部の刊行。世界中で愛されている作品で、最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ「The most copies published for the same comic book series by a single author」として、ギネス世界記録に認定されている。

 最新96巻は、ゴール・D・ロジャーの知られざる伝説の冒険が描かれており、23年間の連載でちりばめられた伏線が一つの物語として回収されていく重要な巻となっている。発売を記念して「全伏線、回収開始」と称したスペシャルテレビCMが、きょう3日〜16日の期間限定で放送(東京・大阪・愛知・北海道・福岡エリア)され、YouTubeでも見ることができる。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 全巻持っていて、読んでるけど、ロビン篇以降は毎回キャラクター沢山増えすぎてわけわからなくなるw あとコマが無駄に細かいから読むのには疲れるかな
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 人魚が出てくるあたりから買ってない。長いってのもあるけど、絵と文字が細かくてだんだん読み疲れてきた。10代から読んでたけどもうアラフォーっすよ。疲れるw
    • イイネ!38
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(73件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定