インド、新型コロナウイルス型ヘルメットでパトロールするおまわりさん「コロナ・コップ」が人気に

74

2020年04月03日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真現地ジャーナリストPramod Madhavさんがツイートした動画より
現地ジャーナリストPramod Madhavさんがツイートした動画より

 新型コロナウイルスの危険性を市民に伝えるべく、自らウイルス型のフルフェイスヘルメットを着用し任務にあたるインドの警察官が国際的に注目を集めています。



【その他の画像】



 話題になっているのは、南インドの都市チェンナイの警察官ラジェシュ・バーブさん。インドでは3月25日から全土でロックダウン(都市封鎖)が行われていますが、市民の危機意識が足りないと考えたバーブさんは、ウイルス型のヘルメットを装着しパトロールへ。封鎖を無視して出歩く市民を取り締まっています。



 コロナウイルスは表面にタンパク質の突起が複数並び、それが王冠(コロナ)のように見えるのが名称の由来。バーブさんのヘルメットもニョキニョキと不気味な突起が再現されていて、なんともいえない迫力があります。



 ヘルメットを製作したのは、現地アーティストのキング・ゴウサムさん。目に見えない驚異であるウイルスを顕在化させることで、ウイルスの怖さを知ってもらうねらいがあるようです。ゴウサムさんは反響を受けて、4月2日には新作「コロナ・ウォリアー」も発表。コロナ・ウォリアーはヘルメットに加えて、ウイルスの形を模したこん棒と盾がセットになったフル装備となっています。


このニュースに関するつぶやき

  • リアル特撮だな!!! こういう遊び心は好きだが「コロナ・ウォリアー」は蛇足な気がしないでもないw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • え。銅像じゃなくておまわりさんなの?(笑)
    • イイネ!17
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(56件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定