声優、“三密”避けられぬ現場に不安 本名陽子ら現場の現状報告「従来のやり方では仕事ができない」

148

2020年04月04日 15:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真本名陽子 (C)ORICON NewS inc.
本名陽子 (C)ORICON NewS inc.
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの声優たちが不安の声をあげている。ファンイベントが中止になったり、“三密”を避けられない現場についてなど内容はさまざまだが、そんな中、人気アニメ『ふたりはプリキュア』キュアブラック役、『耳をすませば』月島雫役などで知られる声優・本名陽子が4日、自身のツイッターを更新し、制作現場での対策を呼びかけながら仕事現場の現状を伝えた。ここでは新型コロナウイルスに対して、いろんな声優側の声をあわせて紹介する。

【画像】「仕事ができない」対策を呼びかけた本名陽子のツイート

 本名がつぶやいたのは、新型コロナウイルスについての情報をわかりやすく説明している「新型コロナクラスター対策専門家」(@ClusterJapan)が投稿したツイートに反応したもの。

 「人が密集しているところ、人との距離が近いところ、換気が悪いところ(3密)に加えて、最近では大きな声を出したり、歌ったりする環境で、多くの人に感染させたと考えられます。この人たちがクラスターをつくります。接触者を早期に見つけることにより、さらなる感染拡大を防ぎます。クラスターを発生させないためには、3密に加え、大きな声を出したり、歌ったりする環境を避けることが重要です。感染者数が少なく、接触者が追跡できる場合は、クラスター対策が有効です」(※長文のため3回にわけて投稿)に対して、本名は「随分前から声はあがってますが、もはや私たちは従来のやり方では仕事ができないということ。早期に各事務所、スタジオ、みんなで考えなくてはいけないと思います」と投稿した。

 厚生労働省や各都道府県の知事などは、感染拡大を防止するために「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の3つの「密」を避けるよう呼びかけているが、声優の収録現場は、広い場所もあるが、1つのマイクに対して複数人が使うこともあり、密集、密接は避けることが難しい現状がある。そんな現状に対して本名は、作品に関わる全員で対策を考えるべきだと伝えた形だ。

 現場の動きは少しずつ変わっているそうで「ありがたいことに、現場は少人数での収録に切り替わりつつあります」(3日投稿)と報告。しかし、「わたしの職業の場合、収録時はエアコンも換気扇も止め、マスクを外し、大声を出したり泣き喚いたり、役によって様々です」「外画と呼ばれる吹き替え作品の場合、原音を聞くためのレシーバーもイヤホンも共有。(イヤホンは自身で持参することも有)マイクも入れ替わり立ち替わりになります。何と言ってもスタジオ内の人口密度の濃さと言ったら。休憩を多く取り、随時除菌や換気をしながらなんとか踏ん張ってますが…」と厳しい現状を明かした。

 続けて「声優だけでなく、スタッフも状況は同じで、密室の中で指示を出さねばなりません。声優との接触を避けたとしてもスタッフ間での接触は避けられない。納期などの問題もあるのは承知の上ですが、今はできるならばある一定期間、収録の延期を願いたいところです。クラスター発生しかねない仕事場だけに。本当にこわい。多くの声優たちがそう感じています」と訴えた。

 新型コロナウイルスについては、ほかの声優も同様に危機感を感じている。アニメ『彼氏彼女の事情』宮沢雪野役、『ふたりはプリキュア Splash☆Star』キュアイーグレット&キュアウィンディ役の榎本温子も自身のツイッターで3月下旬に「最近声優の間ではアフレコスタジオはウィルスに感染しそうだ、と不安の声が上がっている」と報告。

 「ギャラと直結しているのでなかなか言い出せない状況だが制作サイドは本当によく考えてほしい。大丈夫っしょ、というなら我々と一緒にブースに入ってほしい。政府の動きと合わせて対策できるように考えてほしい」と現場の声を伝えたが、「まぁでも実際のところ一人一人とるとかはコスト的に無理だからやめるしかないんだよねアフレコ」「スタジオも色々工夫はしてくれてるんだ。除菌してくれたり。それはほんとに感謝しております」と現場において根本的な対策が難しい現状を明かした。

 それでも、現在出演中のアニメ『カードファイト!! ヴァンガード』(先導エミ役)の現場で、役者側の意見をまとめたものを伝えたところ「収録現場は役者側から意見を出して、少人数でのアフレコに変更してもらいました。急遽対応して頂いたスタッフさんには大変感謝です。また今後の収録に関しても役者が安心して作品作りができるように考えてくれるそうです。めちゃくちゃほっとした」とし「そんな風に役者側から意見を出せたのも、ヴァンガードスタッフさんなら話に耳を傾けてくれるだろう、寄り添ってくれるだろうという信頼があったからです」と感謝の言葉とともに制作に関わる全員で対策に取り組める方法を示した。

 アニメ『ポケットモンスター』サトシ役の松本梨香も、本名のツイートに「今まで以上に手間や時間、面倒な事は増える。命が守れるならそんな事くらい、なんのそのと思って行動してもらえる現場はいいよね。何が正解なのかわからないけど、考えられる事は全てやった方がいい…ビビリといわれようが関係ない。自分の命大事にしてね」と反応。

 AbemaTVの声優バラエティー番組『声優と夜あそび』(3月13日放送)に急きょゲスト出演したアニメ『地獄先生ぬ〜べ〜』鵺野鳴介(ぬ〜べ〜)役などの置鮎龍太郎は「最近、暇じゃないですか、いろいろと中止になって。ちょっとでも一本でも多く仕事をね」と話すと、MCの『ドラえもん』スネ夫役などの関智一も「確かに! 我々もイベントが軒並みなくなってしまって。今はいいのですが、何ヶ月後のギャラが心配。やばいですよね」と生活への影響を話していた。

このニュースに関するつぶやき

  • これで一斉に現場の環境が変わるなら良いんだけど「高齢者(ベテラン)はしばらく呼ばんとこ」から「ギャラの高いベテラン使わないでもいけるやん!」になると悲しい
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 全て中国が悪い。「感染源はイタリアだ!」と嘘をつき、「米国が新型コロナを武漢に持ち込んだ!」と嘘ついて提訴し、Wikipediaで「武漢肺炎」を「台湾肺炎」と明記して工作した中国、死ね! https://mixi.at/a6wP0UV
    • イイネ!39
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(84件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定