ゆかた美人グランプリ・吉田有沙さん「一生涯の私の宝物になりました」 第25回新橋こいち祭「ゆかた美人コンテスト」募集中

1

2020年04月04日 18:42  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真第24回ゆかた美人コンテスト グランプリ・吉田有沙さん。
第24回ゆかた美人コンテスト グランプリ・吉田有沙さん。
 東京都港区、新橋地区12の商店会では、JR新橋駅西口SL広場ほか駅周辺を会場として「第25回新橋こいち祭」を例年の開催時期とは変更して、2020年9月24日(木)・25日(金)に開催。メインイベントとなる「ゆかた美人コンテスト」(9月25日開催)への出場者を募集する。前回第24回のグランプリ・吉田有沙さんは「ゆかた美人としての活動をする1 年間は、必ず何物にも変えられない経験になると思います」と、今年の応募を考えている人にエールを送った。

【写真】第17回ゆかた美人コンテスト 準グランプリ・藤本真未さん。

 昨年グランプリを獲得した吉田有沙さんは「大学で何か新しいことに挑戦したいと思っていたことがきっかけです。私は幼い頃から茶道や日本舞踊など日本の文化を嗜んできたので、浴衣は身近で大好きな存在でした。そんな大好きな浴衣を着て参加できる『ゆかた美人コンテスト』を見つけ、応募しました!」と、応募のきっかけを語る。

 そしてゆかた美人になって得たことについて「一日消防署長やCS 放送出演、様々なイベントでのPR など、とても貴重な体験をたくさんさせていただいたことです!またアットホームで、いつも優しく接してくださる地元新橋の多くの方々と出会えたことも、私にとってかけがえのない存在であり、本当に感謝しています!」とアピール。

 最後に「ゆかた美人としての活動を通して、多くの方々と出会い、様々な経験をさせていただけたことは、一生涯の私の宝物になりました。応募するか迷っている方がいたら、絶対に挑戦することをお勧めします!ゆかた美人としての活動をする1 年間は、必ず何物にも変えられない経験になると思います。皆さまのご応募お待ちしております!」とこれから応募を考えている人に向けてメッセージを送った。

 新橋エリアにおける地域活性化を目的に、近隣住民や在勤者との交流の場・機会として毎年開催され、例年14万人を超える来場者を迎える「新橋こいち祭」。今回出場者が募集される『ゆかた美人コンテスト』は、夏の風物詩である「ゆかた」の魅力を参加者や観客の人々に感じてもらい、楽しんでもらうために毎年実施している企画。

「ゆかたが似合うこと」、「自分なりに着こなしていること」 「新橋に愛着を持っている人」などを審査基準とし、性別・年齢を問わず誰でも参加することができる。また、ゆかた美人に選ばれた人は、新橋地区振興のため各種イベントやPR活動などへ参加する場合がある。

 応募資格は年齢・性別不問応募の締切は6月5日(必着)(※新型コロナウイルス感染拡大の今後の状況によっては予告無くコンテストを中止にする場合あり)。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

このニュースに関するつぶやき

  • 顔は細いし首は長いし。浴衣合わないわ。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定