「まん肉の色が変わっててヌケねえ!」ハイレグ衣装のコスプレイヤー、やりすぎちゃった“公開”体験

16

2020年04月04日 21:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真(C)椎名蜜
(C)椎名蜜

カネと欲望が渦巻くコスプレ業界――40代“現役”コスプレイヤー・椎名蜜が、業界の闇をぶっちゃけます!

 コスプレイヤーにとって、「現実には存在しない2次元キャラクターを忠実に再現し、いかに自分を輝かせるか」という技術はとても大切です。衣装や髪形の“再現率”はもちろん、それを自分に似合うようアレンジしたり、スタイルをよく見せるために厚底ブーツやヒールの高い靴を履いたりもします。細身のキャラクターが多いですから、食事制限やエクササイズで体を絞り、肌もケアをして……などなど、影の努力も必要です。しかし、こんな努力をしなくてもいい方法があります。そう、秘密兵器「Photoshop」です。

 写真や画像の編集ソフトとして一般的ですが、コスプレイヤーにもこれが欠かせません。もちろん、先ほど挙げたような努力にプラスして、Photoshopでエフェクトを入れて作品の世界観を表現するコスプレイヤーさんもいます。そういう人はやはり、プロ顔負けのクオリティで写真集を作り上げるので、男女問わず人気がありますね。一方、男性をメインターゲットとして写真集を販売するコスプレイヤーの中には、体形の管理も肌ケアも頑張らず、アラが目立てばPhotoshopですべて加工してしまう、ある意味“強者”がいます。

 以前、SNSで写真を見て気になっていたコスプレイヤーさんに「会ってみたい!」と思い、コミックマーケットでその方のサークルへ行ったことがあります。しかし、どこを見ても本人が見当たらず。サークルには“お手伝いさん”のような方が1人いたんですが、近づいて顔をよく見たところ、なんか面影があって……。思い切って話しかけたら、その方が本人でした。こういう経験は一度ではなく、何度もあります。写真ではクリっとした目とツヤツヤの肌、ほっそりしたモデル体形だったのに、実物は目の大きさが1.5割減、肌も吹き出物だらけ、体形は……。一体、誰が本人だと気づけますでしょうか? コスプレイヤー界隈では、こうした“詐欺”が横行しているんです。

 「写真集」というと、紙媒体を想像する方が多いかもしれませんが、コスプレ界隈では、写真のデータをCD-ROMに入れた「ROM写真集」や、「ダウンロード販売」が一般的です。コミケなどは、コスプレイヤー自らROM写真集を手売り販売していることが多く、購入者(ファン)は憧れのコスプレイヤーに実際に会うことができます。私も、コミケなどの即売会ではファンの方と交流を楽しんでいました。しかし実は、コミケに来られるファンというのはそんなに多くありません。東京ビッグサイトで開催されるため、関東圏なら気軽に参加できますが、遠方のファンは通販で済ませる場合が多いです。

 なので、写真に写っているコスプレイヤーさんと会う機会がほぼないまま、ROM写真集を購入し続けてくれる人も珍しくありません。コスプレイヤー側としては、いつまでたっても詐欺がバレないので、非常にいいお客さんなんですよね。こうした仕組みも、コスプレイヤーの加工が過剰になりがちな理由の一つだと思います。

 ちなみに、私がどの程度写真を加工をしていたのかといいますと、目の下のクマや吹き出物を消す、毛穴をぼかす、ワキのポツポツをなめらかにする程度でした。あくまでも「やりすぎないこと」を意識した修整です。なぜならば、写真集を購入する人は、画像を拡大していろいろなところを見るから。やりすぎない程度に、“リアルな質感”があった方がいいのです。それに、実際に会って「別人」と思われるのも嫌なので……!

 しかし、私は恥ずかしさから“まん肉”(大陰唇あたり)の色を明るく加工していました。すると、後日購入者らしき人が某巨大掲示板で「修正しすぎでヌケねぇ!」と書いているのを見かけたんです。確かに、パッと見はハイレグですごい格好をしているのに、まん肉と太腿が同じ肌色をしているので、なんかリアリティがないんですよね。とはいえ、「ヌケねぇ!」という声を聞いて、まん肉の色素を世界に公開するのもおかしな話だなと、逆に冷静になりました。一部の方には“ヌケない詐欺ROM写真集”だったかもしれませんが、その後も同じ加工で販売し続け、まあまあ売れてました。まん肉の色素にも、人それぞれ好みがあるんですね〜。

 写真集のレタッチ作業はほとんどのコスプレイヤーが自分でやっています。ですが、1枚のROM写真集にだいたい200枚以上は写真が収録されているので、結構大変な作業になります。一枚一枚、肌をなめらかにして〜クマを消して〜とやっていると、だんだん感覚がおかしくなってくるんですよね。自分の写真を修正しているというより、“絵を描いている”ような感覚に陥っていきます。写真の自分がいくら恥ずかしい格好をしていても、どこかで他人だと思ってしまったり。

 とあるコスプレイヤーさんは「シワにボトックス打つより、レタッチで消した方が安上がりでしょ。ホワイトニングに行かなくても歯が白くなるし、美肌レーザーなんて当てなくても、撮影の段階で光で飛ばして、さらにレタッチすれば肌もキレイに写るよ」とおっしゃっておりました。なんか、詐欺じゃなくて“節約術”みたいな語り口ですね。その通りではあるのですが、実物が悪いとレタッチの手間が倍以上かかるのも事実。写真の自分をどんなに美しくしても、実際の自分は同じように修整できませんよね。この現実、冷静になると結構心にくるものがあるんじゃないかと思います。だからやっぱり、私は過剰すぎるレタッチはおすすめしません。

 コスプレイヤーでなくても、写真加工アプリを使って撮影した自撮り写真をSNSにアップし、「いいね!」をもらってうれしくなったことがある人もいるでしょう。行き過ぎた加工の先には、深〜い落とし穴があるので気をつけてくださいね!

このニュースに関するつぶやき

  • キツネさんと狸さん? 世捨て人?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 色も重要なのですね。
    • イイネ!12
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定