「観葉植物と暮らす上で大切なたった2つのこと」 育てるコツを漫画で優しく解説

0

2020年04月05日 09:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真2つのポイントさえ気を付ければ、植物は育てられる
2つのポイントさえ気を付ければ、植物は育てられる

 植物は好きだけどうまく育てる自信がない――そんな人も植物を育てる一歩を踏み出したくなる漫画「観葉植物と暮らす上で大切なたった2つのこと」が参考になります。作者は園芸家で画家・漫画家でもある佐野裕一さん。



【画像】マンガ全編



 2つのポイントさえ押さえれば、実は植物を育てるのに特別な才能はいらないのだと佐野さん。1つ目のポイントは、「植物にとってベストの場所に置くこと」。



 オススメは、直射日光の当たらない窓際です。具体的には本を読むには少しまぶしいかな、というくらいの明るさ。室内には植物が育たない場所がたくさんありますが、そういうところを避けて、植物がちゃんと生きていけるところに置いてあげるだけで、ぐっと元気に育つようになります。どうしても日の当たらない場所に置きたいときには、専用にライトを用意してあげるのも1つの方法です。



 もちろん、必要な光の量はそれぞれ違うので、サボテンなどの多肉植物は、なるべく屋外か南向きの日がしっかり当たる場所に置くなど、その植物のことを知って、より適した環境に置くことが大切です。



 もう1つのポイントは「なるべく毎日見る所に置くこと」です。



 毎日観察できれば変化や異変に気付きやすくなり、ささいな変化が分かれば、植物のことがより好きになります。また、ほとんどの植物は少しクタッとしても大丈夫。初めはそうした変化を見てからお水の量を調節していくことで、よくある失敗である「水のやりすぎ」を防ぐことにもなります。



 植物を育てるのが上手な人とは、植物が水と光と風のうち、何を求めているのかを読み取るのが上手な人のことだそうです。佐野さんは、きっとそれは適切な場所で毎日観察することで身に着く力なのではないかと述べています。



 たったこれだけの注意点で大丈夫。と、背中を押してくれる佐野さんですが、「アジアンタムだけは最初の一鉢には向かないかもしれません」とも。痛みやすく繊細なことで知られるアジアンタム。「逆にこの子とうまくできたら 大体は大丈夫かもです」と結んでいます。



 優しい絵と丁寧な語り口で紡がれるお話は、物語を読んでいるかのようなすてきな気持ちになります。その中に、植物と暮らす為に必要な知恵がちりばめられていて、とても参考になります。観葉植物……育ててみようかな。



 作品の読者からは「観葉植物が大好きなのですが忙しくて随分見ていないことに気が付きました。この機会にまた見に行こうかと思います」「良いお話でした 昔母がアジアンタムを育ててましたが気づいたら家からいなくなっていたのは育てるのが難しかったからだったんですね……」「引越し先で新しく観葉植物を育てたいと思っていたところ、このような漫画があって参考になりました」など、温かい作風への感想や、情報が参考になったという反応が集まっていました。



 佐野さんは後日、室内における植物と風のお話――すなわちサーキュレーターの活用例を紹介したお話も公開。こちらも優しく植物に寄り添った、ためになる内容になっています。



画像提供:佐野裕一さん(@sunamerius)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定