「僕が生まれた日のこと教えてよ!」息子のお願いに答えてあげられない原因は……パパ!?

5

2020年04月05日 12:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
息子の小学校では、4年生になると学年末の授業参観で「二分の一成人式」を行います。自分がママのお腹に来たときや生まれてからこれまでの約10年間の出来事をアルバムにして、ひとりひとりが発表するのです。
息子はまだ3年生ですが、ご近所の仲の良い4年生から「二分の一成人式」の話を聞いて興味津々でした。

自分がどんなときにお腹に来て、ママのお腹にいたときはどんなだったか……。中でも一番興味があったのが……



キラキラした目で聞いてくる息子。その目が眩しくて、話をしてあげようと思ったけれど……。
私としては「パパがなぁ……パパが正直……」という思い出だったもので……。

息子が生まれたのは残暑厳しい9月でした。予定日よりも少し早く明け方の4時頃から陣痛が始まりました。おしるしも破水もなく陣痛からでした。最初から5、6分間隔でした。
参考:国立成育医療研究センター | 産科医療丸わかりガイド「定期的な痛みがどんどん強くなっていくようなら「陣痛」で、定義上は10分間隔になった時点で陣痛開始となります」


「起きて……。陣痛が来たかもしれない……。」
「へ? 陣痛? 生まれるの?」
「多分……」
まだ寝ぼけているパパさん。ちょうどその日は遠方に住む私の母が来る予定の日でした。
「今日はお母さんが来るから、何がどこにあるかメモを書かないといけないし……。私も食べられるうちにご飯を食べておこうと思う……。」

単発(オリ)4月5日配信分② (1)
参考:国立成育医療研究センター | 産科医療丸わかりガイド「初産の場合は陣痛が始まったかなと思われても、数時間は自宅で様子を見てもいいのです」


1時間後……
「もう3分間隔だし、病院行きたいんですけど」
「うん、うん、わかった」

病院に着いたはいいものの、パパさんは私の背中をさするわけでもなく。口では「大丈夫?」と言いつつ手は携帯電話をいじり、その後は実家や会社へ電話をするために頻繁に席を外し……。
義両親がかけつけてくれて、義母さんが背中をさすってくれている間も……

単発(オリ)4月5日配信分③ (1)

無事に息子は生まれたわけですが、長い陣痛のあいだずっと寝続けておいて、今さら「支えてる」ようなアピールをされましても……!

ということで興味を持って聞いてきた息子には、話をひとまず先送りすることにしました。
「う〜ん……ちょっと時間はかかったけど無事に元気に生まれてきたよ。詳しいことは来年でいいんじゃないかな?!」
「そうなんだね〜! うん、わかった〜!」

息子よ、将来パパのようになったらダメだよ……ホント……ダメだからね……と思いつつ、本当のことを伝えていいものか……悩ましく思う私でした。

文、イラスト・なかやまねこ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 男はお腹を痛めるわけじゃないから、妊娠初期から「すごく意識して」父親になる覚悟をしないと、奥さんの悩みが理解出来ないよ。「自分の」子供だって事、忘れずに!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そのまま正直に伝えた方が良いと思う。息子が何を感じてどう行動するか…。確実にパパは嫌われるね。でも自業自得って事で。
    • イイネ!7
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定