メイク苦手女子必見! プロのヘアメイクが教える“最初に揃えるべき”ツールとは?

2

2020年04月05日 12:12  クランクイン!

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真メイクがぐっと上手になるおすすめのツールを紹介!  ※写真はイメージ
メイクがぐっと上手になるおすすめのツールを紹介!  ※写真はイメージ
 新生活で本格的なメイクデビューを控えているという人も多いのではないでしょうか? メイクデューに当たって何をどう揃えていいか?悩んでしまいますよね。今回は、プロのヘアメイクが教えるメイクがぐっと上手になるおすすめのメイクアップツールを紹介します。これまで自己流でやってきた人も是非、参考にしてみてください。(文:中花絵里香)

【写真】気分をアゲる4月発売の注目コスメ

■<眉ブラシ>眉の仕上がりが別格!

 眉を描く時、ペンシルやパウダーパレットに付属の眉ブラシがついていますが、持ち手部分が短いのでとても使いづらく、うまく使いこなせません。そのため、専用の眉ブラシを別で購入することをおすすめします。

 眉ブラシを選ぶときはブラシ部分(毛の部分)が短めなもの、ある程度毛が固くしっかりした物がおすすめです。毛が長かったり、柔らかすぎるブラシはボヤッと太くなりやすいため上級者向けです。

 短く硬めのブラシはラインがしっかり出やすいので、眉の形が取りやすくなります。

■<スポンジ>ファンデーションはスポンジで素早く均一に!

 ファンデーション特にリキッドファンデーションやBBクリームといった、水分が多いタイプのファンデーションは、肌馴染みを良くするためにファンデーションに含まれる水分の蒸発はとても早く、伸ばしている側から蒸発が始まってしまいます。

 伸ばし切れていないところに蒸発が進んでしまうと、ファンデーションがついているところと、ついていないところができた状態に。厚くついているところ、薄くついているところなどのつけムラができてしまいます。ファンデーションはスピード勝負なんです。

 そこで、スポンジを使うことでより広い面に均一につけることができ、蒸発が始まる前に顔全体につけ終えることができます。また、スポンジを軽く湿らせておいてから使用することで、余分なファンデーションをスポンジが吸収してくれるので、初心者におすすめです。

 スポンジを選ぶ時は、できるだけ厚みのあるものを選ぶのがポイント。肌に当てる時、手の圧が強すぎるとしわやたるみの原因になってしまいます。手の圧をコントロールするのは慣れている人でも難しいのですが、厚みのあるスポンジはクッション替わりにもなってくれ肌にも優しく仕上げることができます。

■<チークブラシ>チークはひと塗りが基本!

 チークもパレットに付属のブラシがついていますが、あのブラシでは一度にチークの範囲につけ切れません。何度もつけているうちに濃淡の差がついてムラになったり、濃くつきすぎてしまったりといった失敗につながってしまいます。

 チークブラシを選ぶポイントは、柔らかい毛で、チークをつけたい範囲より“ひと回り小さい”サイズのブラシを選ぶこと! 柔らかい毛を選ぶことで、パウダーをしっかり含ませることができ、ふわっと自然な仕上がりになります。

 また、つけたい範囲のひと回り小さいサイズを選ぶことで、ブラシでチークをつけた後アウトラインをぼかし、馴染ませた時に希望のサイズ内にチークを収めることができます。ぼかす分の余韻を残しておくことがポイントです。

 いかがでしたか? パレットの付属のものがあるから、と思ってしまいますが実はツールを増やすことで劇的にメイクは上達します。そこはケチるところではなく上手になるため、きれいになるためには必要経費と思って是非使ってみてください。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定