「ソーシャルディスタンス」ってなに? 離れても寄り添うsocial distancingのススメ

1

2020年04月06日 08:32  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 スーパーマーケットで前の人との間に大きな間隔をあけて並ぶ買い物客。記者会見場を埋め尽くす代わりに、スカスカに見える空間で互いに離れて着席した記者団。そんな「social distancing」の光景が、各国で日常になりつつある。



【その他の画像】



 social distancingは公衆衛生戦略を表す用語で、疾病の感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つこと。ちなみに、特定の個人やグループを排除するという社会学用語の「social distance」とは区別する必要があるという。



 具体的にどの位の距離を置けばいいのかという基準は国や機関によって多少の幅がある。世界保健機関(WHO)は「Maintain at least 1 metre (3 feet) distance between yourself and anyone who is coughing or sneezing」(咳やくしゃみをしている人との間で少なくとも1メートルの距離を保つ)と勧告している。



 国によっては、例えばオーストラリアでは1.5メートル、米国は6フィート(約1.8メートル)、英国は2メートル、などの目安を示し、症状のあるなしを問わず、人が集まる場所ではこの間隔を保つよう呼びかけた。米国の大手スーパーなどは、行列に並んで待つ客が互いに近づきすぎないよう、床に目印のテープを貼ったりしているという。



 ではなぜ、社会や社交を意味するsocialという単語が使われるのか。米ジョンズホプキンス大学は、「Cancelling events that are likely to draw crowds is an example of social and physical distancing」(人が集まりそうなイベントの中止は、socialおよびphysical distancingの一例)と解説する。つまり集会や飲み会や花見といった社交イベントも中止することで距離を置くというニュアンスが、この用語には込められている。



 もっともネットやSNSが普及した今、物理的に集まらなくても、人と人との交流は可能になった。それを考慮してWHOも最近は、social distancingの代わりに「physical distancing」という用語を使い始めている。WHOの専門家はその理由についてこう説明している。



It doesn't mean that socially we have to disconnect from our loved ones, from our family.(中略)We're changing to say physical distance and that's on purpose because we want people to still remain connected



 これは愛する人や家族との関係を社会的に断たなければならないという意味ではない。我々があえて物理的距離と言い換えているのは、人と人とのつながりは引き続き保ってほしいと思うからだ。



 実際に、SNSで仮想パーティーを開いたり、医師や看護師を応援するキャンペーンを展開したり、アーティストがコンサートの模様をライブ中継してファンがそれを応援するといった活動も広がった。



 「私たちは人々が物理的な距離を保ちながら、同時に『社会的に』お互いの近くに居続けてほしいと願っている」。社会心理学の専門家はそうコメントしている。


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定