コロナ専門家有志の会が対策の拡散をお願い 「家で過ごす」「感染時に備える」「戦う相手は人でなくウイルス」

103

2020年04月06日 22:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真全世代のみなさまに いま、拡散してほしいこと
全世代のみなさまに いま、拡散してほしいこと

 医療関係者による「新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会」が、note記事「全世代のみなさまに いま、拡散してほしいこと」を公開しました。「うちで過ごそう」「感染時に備えよう」「戦う相手は人でなくウイルス」を標語に、基本的な対策を呼びかけています。



【その他の画像】



 同団体には、国際感染症研究所や日本医師会、大学医学部などの専門家が参加。「コロナと闘うための知恵をみなさまに直接お伝えし、連帯を強めたい」との考えで、noteとTwitterで情報発信を始めています。



 標語の1つ目「うちで過ごそう」では、「今大事なのは『密集・密閉・密接の重なるところ』へ絶対に行かない」と、いわゆる「三密」をあらためて強調。「全世代のみなさまに、感染が拡大している地域であるかどうかや年齢に関わらず、できる限り在宅していただくように」「人と会う機会を8割減らすことを心がけて」とお願いしています。



 2つ目の「感染時に備えよう」は、もしも体調を崩したときに「何をするべきなのか準備しておく」の意味。厚生労働省サイトの「相談・受診の目安」を参考のうえ、近くの帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)へ相談するよう促しています。



 加えて、感染しているかもしれないと診断されたケースをイメージし、心の準備をするのも大切だとコメント。感染の可能性があった場合、感染経路を調べるために過去14日間の行動に関する調査へ協力することになるので、日記をつけるなどして、外出先や出会った人のことを記録しておくと良いとのことです。



 最後の「戦う相手は人ではなくウイルス」は、「感染者やその近親者、医療従事者や保健所・行政の人を差別することなく、お互いをねぎらい、支え合いと感謝の声をかけあおう」といったメッセージ。「人同士のすれ違いや対立を避け、全世代のみなさまが連帯し、この困難から医療と医療従事者や行政を助けていく必要があります」と述べています。



 最後は「コロナのことを意識して対策されている方には、既知の情報も多かったかと思います」としつつも、まだ情報が届いていない人などに向けて、あらためて呼びかけてほしいと願って記事は締めくくられました。同団体は今後も情報にアップデートがあり次第、noteで発信していくとのことです。


このニュースに関するつぶやき

  • ������ʬ�ʲ�����
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • こんな時になっても「安倍ガー」とか言ってる連中は何を考えているんでしょうかね。アナタ達が有事に備えるための法整備を普段から邪魔してたからこんなザマになったんじゃないの?
    • イイネ!41
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(56件)

あなたにおすすめ

ニュース設定