青春高校3年C組、月曜深夜で新スタート 学年主任は日村、担任は三四郎に

1

2020年04月07日 00:58  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『青春高校3年C組』が月曜深夜で新スタート(C)テレビ東京
『青春高校3年C組』が月曜深夜で新スタート(C)テレビ東京
 2018年4月からテレビ東京で平日夕方に放送されてきたバラエティー番組『青春高校3年C組』が、今月より月曜深夜に移動して放送時間・放送地域を拡大(毎週月曜 深0:12)。ひとつの節目として、今までの各曜日担任(曜日MC)と別れ、枠移動から新しいスタート切ることになったが、きょう6日に「新MCサプライズドッキリ発表スペシャル」が放送された。

【写真】昨年メジャーデビューも果たしている3年C組

 生徒たちに「MCが誰になるか」ドッキリを仕掛けすることに。収録スタート前に学級委員長の日比野芽奈には、事前に新MCを超有名タレントで怖い人と伝えられたが、これはウソ。スタジオ本番開始時に学年主任の日村勇紀(バナナマン)、担任の三四郎が登場すると、安心して胸をなでおろして喜んだ。

 夕方帯の最終回収録から、継続してMCが決まっていた日村は「廊下でリキ(奥村力)があいさつしたときにはすでにMCが決まっていたから…あの時は冷たい態度とっちゃってごめんな!」と笑顔。さらに、過去にドッキリにかかりやすい齋藤、川谷、久保、宇都木、前川の5人には、佐久間プロデューサーから会議室で説明を受け、新MCと面接をするドッキリを仕掛ける。

 今回のドッキリの仕掛人としてDJ KOOが登場。スタジオからの指令によりさまざまなハイテンションなお題をDJ KOOから課せられ困惑していく生徒たちだが、スタジオに戻るなり日村・三四郎の姿を見た途端「よかった!!」と歓喜していた。今回の新スタートを機に、4期生も募集してパワーアップし、月曜の深夜に涙と笑いの青春ヒストリーを届けていく。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定