20年経ってもUSBの方向を毎日間違えるし闘いに疲れた…… → シンプルだけどひと目でわかるアイデアに反響

5

2020年04月07日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真見覚えのあるシールにこんな使い方が……!(画像提供:@aizer32xさん)
見覚えのあるシールにこんな使い方が……!(画像提供:@aizer32xさん)

 USB端子の挿す方向(表裏)を間違えないアイデアがTwitterで「これだ」「天才」と拡散されています。シンプルが最強……!



【その他の画像】USB端子の表と裏の違い



 その方法とは、USB端子の表側と、USBポート(挿される側)の上部に赤いシールを貼るだけ。両方の赤いシールが見えるように挿せば正解という、ひと目でわかるアイデアが素晴らしいです。



 以前から悩みの種として知られている“USB端子の表裏”問題ですが、コメントでは称賛の声とともに約8万のいいねが寄せられており、「あぁ…なぜこんなシンプルな事をしてこなかったのだろう」「これこそホンモノの知恵だ…」と、やはり今でも困っている人が多いことがわかる反響を呼んでいます。



 Twitterでは他にもアイデアとして、薄暗い中でもわかるように「畜光シール」を使う、ボンドなどを盛るように付けて「手触りで判断できるようにする」といった方法も上がっています。



 ちなみに投稿したAizerさんの「20年経ってもUSBの方向を毎日間違えるし闘いに疲れたので印つけた」というツイートに、「USBが出て20年も経ったことにびっくりだ」「20年前にUSBはそんなにないぞ!と言おうかと思ったら、もう2020だわ。あるわ。普通にあるわ。。」と驚く声も寄せられています。


このニュースに関するつぶやき

  • わかる。表と裏?が分かりづらいんだ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 20年前にもUSBあったか・・・だいたいメーカーが裏と表で色を変えるとかっ工夫をすりゃいいだけの話なのに、どこのメーカーもユーザーのことなんて二の次なんじゃないの?
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定