メルカリで15万円得しようと思っただけなのに……一瞬の判断がすべてを狂わせる、フリマアプリに潜む “魔物”

4

2020年04月09日 00:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真イラスト・千葉N子
イラスト・千葉N子

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 ある日の夜、ゴロゴロしながらスマホをいじっていると、ピョコピョコ!! と通知が届きました。これは私が設定している「フリマアラート」。

 説明しよう。フリマアラートとは、便利なスマホアプリだ。ウォッチしたいブランド名やキーワードを入れておくと、その関連商品がメルカリやラクマなどのフリマサイトに出品された際に、いち早く教えてくれるのだ!

 私はジュエリーブランド・アベリさんの大ファンで、もはや「あ・べ・り」とタオルにひらがなで書かれたものでも欲しくなっちゃうほど、大好きなのです。いそいそとフリマアプリを覗きに行くと、アベリの「レーザーホールダイヤモンドネックレス」と「レーザーホールダイヤモンドブレスレット」が出品されていました。レーザーホールダイヤモンドは私の大好物!! プラチナで一式そろえたものの、イエローゴールドの金種でもう一式欲しいと思っていたところだったのです!

 ギュパーーーー!! エンジン全開ィィィィィィ!!!! と、買う気満々で説明文を読む私。なになに、「ネックレスはYG(イエローゴールド)でブレスレットはPG(ピンクゴールド)です」。……え。……え?

 商品の画像を見る限りは、同じような色味に見えましたが、どうやら金種が違うらしいのです。ネックレスは約35万円のものが20万円に。ブレスレットは約24万円のものが10万円で出品されていました。この値引き率はえぐい……。なんとしてでも買いたい……。でも、金種が違うってどうなんだ?

 いくら安いといえど、2つ購入すれば30万円。今月もしっかり買い物をしている私に余ったお金などないので、購入するなら12回払いかリボ払いです。どうしても欲しい商品ならそれでも全然いいのですが、手元に届いた時に、ブレスレットとネックレスで色味が違ったら買い直したくなりそうな気もします。そのとき、どちらかを売りに出した場合、出品手数料で2万円くらい損をするはず……。それは痛い。

 ウンウン唸っている間にも、どんどん「イイネ」がついていきます。早く決断しなきゃ……でも、なかなか踏ん切りがつかない……! そのうち、あっという間にブレスレットが売れてしまいました。残ったのは、もともとの希望だったイエローゴールドのネックレス。もう迷っている暇はありません。

「15万円分の幸せを手に入れるのはこの私よ!」

 こうして私は20万円でネックレスを手に入れたのです……(結局リボ払いで)。

 数日後、私の元へネックレスが送られてきました。ワクワクしながら開封すると……。……ん? YG……? ネックレスがピンクみを帯びていないか……? アベリさんの商品はたくさん持っている私。手持ちのイエローゴールドのロングネックレスやピアリング、リングとも比較したのですが、どう考えても色味がイエローよりも赤みがあるのです。ネックレスはきれいなんですが、どうもピンクゴールドみたい……。

 また、商品説明文には「1.0カラット」とありましたが、ネックレスの刻印には「0.7」と刻印されていました。これは……これは……私、騙された?

 しかし、ネックレスの写真は同じなので、たぶん出品者さんは勘違いをしたのだと思われます。どうしよう……。ここで思いっきり因縁をつければ返品も可能でしょう。しかし、これはこれで気に入ったんだよ私。ネックレスを首に付けてみると、とても可愛いんだもの……。私の脳内のせこい自分が、「ここで返品したら15万円損するのヨ!」と叫んでいます。うーん。返品、返品……。

 結局、私は「15万円得した」という魔力に逆らえず、返品するのをやめました。しかし、それを決めた瞬間、次なる問題が私の前に立ちはだかりました。

 心の中の私「お前が金種で悩まなければ、今ごろ10万円でブレスレットも買えたのだ!」

私「そ、そうだあああああ!!」

 その瞬間、私はスペシウム光線を受けたかのように胸を押さえて倒れました。完璧主義のワタクシ、ピンクゴールドのネックレスを手に入れたら、次は絶対お揃いのブレスレットが欲しくなるのです。イエローゴールドだったら、仕方なくブレスレットは新品で買おうと思っていたけど、ピンクゴールドだったのかよ!! だったらあのとき、ブレスレットも購入していれば、20万円も得したのにいいいい!!!!

 おえ、おえ、と吐きそうになりながら、フリマアプリを開き、次に私はブレスレットの購入者の特定に走りました。「そのブレスレット、15万円で売ってくれませんか……?」と姑息な取引を持ち掛けようと思ったのです。しかし、ブレスレットの買い手は、買い専(売り物は出していない)でした……。Oh、ジーザス。これじゃ、出品交渉もできねえよ……。

 “半額以下で買えたブレスレットを新品で買わねばならない”……。その後、暗澹たる思いでアベリさんに連絡しました。

私「あのう、ブレスレットのお値段はおいくらですか?」

アベリさん「27万6,100円でご用意が可能です」

私「……(ぐほお!!!! だからあのとき買えばよかったのに、私のバカバカバカ!!)。おほほ、いただきますわ」

 いやあ、フリマアプリには魔物が棲んどる。一瞬の判断がすべてを狂わすのよ……。ぶっちゃけ、もしフリマアプリでネックレスを買っていなかったら、ブレスレットも買っていなかったわけですからね。って、あれ? 今月もいつの間にか40万以上使っちゃったよ……。

このニュースに関するつぶやき

  • とりあえず、このライターが馬鹿の極みなのだけは解った(苦笑) ライトノベル作家の中村うさぎさんを思い出したよ…
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • とりあえず、このライターが馬鹿の極みなのだけは解った(苦笑) ライトノベル作家の中村うさぎさんを思い出したよ…
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定