発達障害の傾向を持つ父子に母親は鬱状態…家族の機能不全を乗り越えるには

15

2020年04月09日 17:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真AERA 2020年4月13日号より
AERA 2020年4月13日号より
 親子が発達障害の家庭は、家族関係や学校など多くの困難を抱えている。社会全体として、どう向き合い支援するべきか。AERA2020年4月13日号から。

【図を見る】発達障害は重複することも多い?

*  *  *
 東京都在住の自営業の女性(44)の家は、いつも2台のテレビがついている。ASDとADHD傾向のある夫は、2番組を同時に見ないと気が済まない。

 小1の娘には同じくASDとADHDの重複傾向がある。睡眠障害が出やすいため、母としては生活リズムを崩さず早めに寝かせてあげたい。だが、夫は食事中も2台テレビをつけるのをやめようとしない。娘も気になってなかなか食べ終わらず、宿題も寝る時間も遅くなる。

「夫は娘をかわいがってはいるのですが、どうしても自分のこだわりを優先させてしまう。学校の宿題で娘が困っていても、相手の気持ちを想像するのが苦手な夫は、『なぜできないんだ』と怒るばかりで、ケンカになってしまいます」

 女性は常に夫と娘の間で板挟みとなり、4年ほど前からカウンセリングに通っている。

 どんぐり発達クリニック院長の宮尾益知医師は、この母親のようなケースを数多く見てきた。

「特に子どもと父親にASDの傾向があり、母親に鬱(うつ)的な様子が見られる場合、家族機能の不全が起こりやすい。母親に生活力があり、どうにもならなければ別れるという選択肢が持てればいいのですが、そうでない場合はより問題が深刻化しやすい」(宮尾医師)

 そこで同医師らが始めたのが、「家族療法」だ。この療法は子どもだけでなく、親やきょうだいを含め、家族全体の関係性に働きかけるのが特徴だ。両親それぞれを個別に面談したほか、父親が集まる会も実施。「自分は困っていないので問題ない」と考えがちな父親に、他の家庭の事例を知ってもらうことで自覚を促し、少しずつ行動を変えてもらった。取り組みを継続するうち、子どもだけに対処していた時より明らかに状態が良くなったという。

 家族療法で大事なのは「原因探しをしない」ことだ。例えば、ADHDの子どもを父親がしょっちゅう叱りつけ、母親も右往左往している場合、一般的な対応では「父親の無理解」を原因と考え、そこだけを解決しようとする。しかし、父親ひとりを責めてしまうと対立関係が生まれ適切な行動をとってもらえないことが多い。

 家族療法では父親だけでなく、母親にも子どもにも言動を見直すよう働きかけ、家族全体の機能調整を図る点が大きく違う。ただ、発達障害の専門家がいる医療機関を探す必要がある。

 発達障害を持つ親が学校や職場でのつらい経験から自尊心を喪失し、子育てに困難を生じていることも多い。そうしたケースでは、当事者会への参加が有効だと東洋大の岩田千亜紀助教は指摘する。さらに「解決志向型アプローチ」によるグループワークを行うと効果的だという。「解決志向型アプローチ」も家族療法と同様、問題や原因はあえて追及しないのがポイントだ。

「自分がどうなりたいか、日常の小さなことでいいので目標を設定し、何をしたらうまくいきそうか考えます。実行に移した結果、できていないことではなく、『◯◯できたのはなぜ?』と考えて、良かった点を強化していくのです」

 ADHD当事者で整理収納アドバイザーの西原三葉さんも、同様の思考法で気持ちを切り替えることができた。以前はミスをするとパニックになりがちだったが、パニックを起こしたことを反省するのではなく、「少し時間をおけば落ち着けた」という点に着目した。「パニックになってもいい。冷却時間を持てば大丈夫」と考えるようになった。西原さんは言う。

「交通系ICカードを落とした時にも、ADHDの当事者会の仲間から『2枚持てば大丈夫』と言われて心が軽くなりました。片付けも毎日1カ所、5分だけでいい。できたら自分を思いきりほめる。仲間を作り励まし合う。その繰り返しで自信が生まれ、自分を責めなくなりました」

 学校での支援も課題だ。親が持つ発達障害に一番気づきやすいのは、学校現場だ。アエラが実施したアンケートでは、「気づいても親のサポートまでは難しい」「個人情報の壁があり、情報がほとんどない中でサポートしても、支援が的はずれになる」などの声が寄せられた。

 特別支援教育に約30年携わってきた創価大学の安部博志准教授は、「『特別な支援』と身構える必要はなく、シンプルな支援でいい」と強調する。

「『困った子ども、困った親』をどうするかではなく、まずは『困っている子、困っている親』と捉え直すことが大切です。一番困っているのは当事者ですから」

 発達障害の傾向を持つ親は、自身の失敗体験から「また否定されるのでは」と疑心暗鬼になりがちだ。そこに想像力を働かせ、「何か困ったことはありますか」「もしかして○○で困っていますか」と先生のほうから聞く。「この先生には困っていることを言ってもいい」という信頼関係を築くことが、支援の出発点だという。

 安部准教授は「子どもでも親でも100人いれば100通り」を前提に、プリントなども誰にでもわかりやすくなっているか、見直してほしいと話す。

「長々と文章で書かない。『明日の持ち物は三つです。・・・』というふうに、『端的に』『具体的に』『優先順位をつける』がコツです」

 ADHD当事者であり、その経験を生かして社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得、「支援者」としても働く女性(47)は「『発達障害』という言葉の認知は広がったが、半端な知識で十把ひとからげに捉えられがち。ひとりひとりがどう困っているかよく見て支援してほしい」と訴える。

 女性は長男にADHD、長女にASD、夫にもASDの傾向がある。子どもたちには、こう伝えている。

「世の中にはいろんな人がいるんだよ。あなたたちもいろんな人の一部。我慢せず、困っている時は言っていい。ただ、助けてもらうだけじゃなくて、あなたたちの得意なことを生かしたり、譲り合ったりすることも大切。お互いさまだよ」

 困っていることを「障害」にするのは社会だ。困っている人が困っていると言える社会は、みんなにとって生きやすい。(編集部・石臥薫子)

※AERA 2020年4月13日号

このニュースに関するつぶやき

  • 三十路半ばを過ぎて、もう後が無いと思ったのかもしれないけど、そんな粗悪品の遺伝子を残さなきゃいけないほど、焦ってたの?……と思った。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定