二重爪と二枚爪は違う?!それぞれの原因や直し方をご紹介

1

2020年04月10日 12:30  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

まずは意外と知らない爪の構造から理解しよう。


■爪は3層でできている!?爪のメカニズムをおさらいしよう

【詳細】他の写真はこちら


出典:photoAC

爪が、3層構造になっているのをご存知ですか?爪の表面一番上から◇トッププレート(背爪)◇ミドルプレート(中爪)◇アンダープレート(腹爪)というように3つに分かれています。このプレートにはそれぞれケラチンという細胞の並びかたに縦と横の方向があり、トッププレートとアンダープレートは縦に、ミドルプレートは横になっています。この3層構造によって、爪は硬さだけでなく、柔軟性を持ち、普段の生活で指先を使う程度では、割れないようになっているんですね。二枚爪とは、この3層の間が剥がれる状態のことをいいます。また、この3層はミドルプレートが一番厚いため、トッププレートが剥がれている状態よりも、ミドルプレートが剥がれて、アンダープレートのみになっている状態の方が、自爪がより薄くなっているため、さらに注意が必要です。

■二重爪と二枚爪は似て非なるもの!二重爪の状態と原因
原因を知れば爪のトラブルを防げますね。

出典:photoAC





・二重爪の原因は主に外的衝撃から!水虫が原因ならすぐに皮膚科へ

出典:photoAC

二重爪の原因は主に外的衝撃で引き起こされます。足の形に合わない靴を無理にはいていると圧迫のダメージが爪に蓄積され、二重爪の原因に。また、サッカーや陸上などのスポーツをしている人も、つま先に瞬間的に強い衝撃が加わり、二重爪になるリスクが高まります。外的要因が思い当たらない場合、かゆみがある、痛い、水虫の可能性がある場合は早めの皮膚科受診のがおすすめです。




・二枚爪の原因は爪への外的衝撃、乾燥、栄養不足から

出典:photoAC

健康な爪には水分が含まれています。乾燥すると刺激に弱くなり、二枚爪のリスクが高まります。また、爪を構成するたんぱく質などの栄養素不足、血行不良で、指先まで栄養が行きわたらないと、爪がもろくなり、二枚爪になることも。ほかにも指先に負担がかかる作業が多いことで爪に負荷がかかり、爪が剥がれやすくなります。

■二重爪や二枚爪を放っておくとどうなるの?
傷みがなければ放っておいても大丈夫?

出典:photoAC

二重爪は痛みがなければそのまま様子を見ても問題ない場合が多いです。足に負担をかけずに清潔に保ち、必要以上にさわらないように気をつけましょう。痛みやかゆみがある、水虫の可能性がある場合は早めに皮膚科を受診することをおすすめします。二枚爪はそれ自体に痛みはありません。しかし放っておいて、洋服などに引っかかると、もろくなっている爪がさらに剥がれて大事になることも。また、放置しておくと繰り返しやすくなるので正しいケアで直すことをおすすめします。

■二枚爪は自宅のケアで改善できる!正しい直し方は?
直し方を知っていれば自分で対処できる!1.爪はやすりで削る

出典:photoAC

カーブしている爪を爪切りで切ると両サイドの湾曲している部分に負担がかかり、ヒビがはいることも。見えない細かなヒビから爪が剥がれる場合があるので、爪切り後の断面は爪やすりで滑らかに整えることをおすすめします。


2.お風呂上がりに爪を切る

出典:photoAC

爪やすりが苦手な人はお風呂上りの爪が水分を含んで柔らかくなっているときに爪切りをするといいですよ。特に子どもはじっとしていないので、爪切りだけでも大変なのにその後爪やすりをかけるとなると、大仕事!お風呂上りの柔らかな爪は切りやすく、爪切り時間も短縮できるのでおすすめです。


3.手指を動かす

出典:photoAC

血行不良が原因の二枚爪の場合は、積極的に手指を動かして血行改善を心掛けましょう。栄養が指先まで行きわたり、二枚爪の予防につながります。空き時間などに短い時間でも毎日続けることで効果を感じられますよ。


4.保湿する

出典:photoAC

保湿は二枚爪予防の基本中の基本。ハンドクリームを爪先まで塗るのもいいけれど、即効性を感じたい人、爪が弱くなっている人にはネイルケアに特化したアイテムであればさらに効果的ですね。お風呂上りなど、血流がよくなっているときにキューティクル配合オイルを指先に塗って、ラップでパックをすると効果的です。

■病院での二枚爪の治療は必要?どんなことをするの?

出典:photoAC

二枚爪の場合は保湿剤の処方、生活指導になります。セルフケアでの改善が可能ということですね。ただし、二枚爪の原因に内科系疾患が潜んでいる場合もあるので、心配な場合医師の診断を仰ぎましょう。

■爪のトラブルを回避して健やかな指先をキープしよう。

出典:photoAC

傷みや生活に支障がない場合、爪のトラブルは放置しがちなもの。これからの季節、足指の露出も多くなるので、この機会に正しいケアで爪の健康を保ちましょう♡

このニュースに関するつぶやき

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定