『攻殻機動隊 SAC_2045』タチコマがツイッター絵文字で登場 最新の設定画も

1

2020年04月10日 14:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』場面写真 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』場面写真 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
 Netflixにて世界独占配信されるオリジナルアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』に登場する多脚思考戦車「タチコマ」が、本日4月10日より絵文字となってツイッター上に登場。さらに本作での機体設定画や“実物大タチコマ”画像も解禁された。

【写真】バトーもギリギリ搭乗可能 『攻殻機動隊 SAC_2045』でちょっぴり小さくなった機体設定画&実物大タチコマ

 『攻殻機動隊』は、情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術が発達した近未来において、完全義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課、通称“攻殻機動隊”が電脳犯罪に立ち向かう姿を描いたSF作品。シリーズ最新作の『攻殻機動隊 SAC_2045』では、驚異的な知能と身体能力を持つ“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる存在をめぐって2045年に再び組織された攻殻機動隊の物語が描かれる。

 そんな本作に登場するタチコマは、かつて公安9課で保有され、今作では草薙素子率いる傭兵部隊で運用される多脚思考戦車。人工ニューロチップを用いたAIを搭載し、自ら思考し自律的に行動するのだが、兵器として活躍する一方、丸みをおびたフォルムと人懐っこい言動で屈指の人気を誇る。本編でも第1話から大好きなバトーとの息の合った掛け合いはもちろん、激しい銃撃戦を含むアクションシーンなど大いに活躍する。

 フル3DCGとなった今作でも新映像、新情報が解禁される度に「タチコマかわいい!」「タチコマ欲しい!」「タチコマでてるしいよいよNetflixに加入するしかない予感」などと反響を呼び、ファンの心を掴んで離さないタチコマが、本日より3ヵ月の期間限定でツイッター上に絵文字となって登場。「#攻殻機動隊SAC_2045(※)」「#GhostInTheShellSAC_2045(※)」「#渋谷攻殻」「#タチコマ」「#tachikoma」のいずれかのハッシュタグを入れてつぶやくと絵文字のタチコマが電脳空間にダイブする。

 併せて、タチコマの設定画も公開。今作では、高さ1.3m、幅2.0m、奥行き2.2mと、これまでよりもひとまわりコンパクトに設定され、バトーがギリギリ乗れるサイズに生まれ変わった。また、先月生配信された番組でお披露目された実物大タチコマの写真も到着した。

 フル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』は4月23日よりNetflixにて全世界独占配信(中国本土を除く)。

※「#攻殻機動隊SAC_2045」「#GhostInTheShellSAC_2045」のアンダーバーは半角

このニュースに関するつぶやき

  • 「ぼくらはみんな生きている♪」 電脳刺激されたなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定