AppleとGoogle、新型コロナ対策で協業 Bluetoothで濃厚接触の検出目指す

1

2020年04月11日 04:12  ITmedia Mobile

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真写真

 AppleとGoogleが4月10日、新型コロナウイルス感染症の対策で協業することを発表した。



【その他の画像】



 新型コロナウイルス感染症は感染者との濃厚接触により伝染する可能性があるため、濃厚接触の検出や追跡が、感染拡大を防ぐために役立つ手法とされている。この取り組みを推進すべく、AppleとGoogleはAPIとOSレベルで濃厚接触の可能性を検出するソリューションを開発していく。



 まず、公衆衛生当局が提供するアプリを、Android端末とiOS端末で相互に利用可能にするAPIを2020年5月に提供する。これらのアプリはApp StoreやGoogle Playからダウンロード可能になる。



 今後AppleとGoogleは、数カ月をかけてこれらアプリの機能をOSに組み込むことで、Bluetoothで濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現を目指す。これはユーザーがオプトインを選択することで参加でき、アプリや政府の保健当局といったより広範なエコシステムとの連携が可能になるという。



 その際にプライバシーや透明性を確保し、ユーザーからの同意を得ることが前提になる。また、第三者による分析を可能にするために、この取り組みに関する情報は公開していく。



 2社は「世界が直面する最も差し迫った問題を解決する上で、AppleとGoogleは力を合わせる必要性を痛切に感じています。開発者、政府機関、公衆衛生当局との緊密な協力と連携に基づき、テクノロジーの力を活用して、世界中の国々が新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑え、1日でも早く日常生活を取り戻せるよう支援していきます」とコメントしている。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定