トム・ハンクス、新型コロナの症状語る「全身の痛みと強い倦怠感」「妻は這いつくばってトイレへ」

37

2020年04月22日 17:32  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真妻リタ・ウィルソンは「僕よりも症状がひどかった」とトム・ハンクス
妻リタ・ウィルソンは「僕よりも症状がひどかった」とトム・ハンクス
映画の撮影のためオーストラリアに滞在中、新型コロナウイルスに感染したトム・ハンクス。現地で隔離生活を送り無事に回復したトムが、このほどラジオ番組のインタビューに応じた。妻リタ・ウィルソンと共に経験した新型コロナウイルス感染症状について語っている。

感染公表後初となるインタビューに応じたトム・ハンクス。ラジオ番組『The National Defense Radio Show』のプレゼンター、ランディ・ミラーとの会話の中で、自身と妻リタ・ウィルソンの症状に大きな差があったことなどを明かした。

「リタは、僕よりもずっと症状がひどかった。高熱が出て、味覚や嗅覚も失った。吐き気に襲われ、トイレなどに行くときはベッドから這って移動していた。」
「僕は全身にひどい痛みと倦怠感があった。僕らはこういったCOVID-19の症状を乗り越えてきたんだ。」

トムは病院で隔離中、簡単なエクササイズをしようと試みたという。30分程度の軽い運動をしようとしたところ12分ほどで疲れ切ってしまい、ベッドでそのまま眠り込んでしまったそうだ。医療スタッフに「変なことがあった。床でストレッチとか軽い運動をしたら、いつもの半分もできなかったんだ」と伝えると、スタッフは眼鏡の奥から鈍感な人を見るような目つきをして「あなたはコロナに感染しているの」と言われてしまったという。

トムが感染公表後に初めて公の場に姿を現したのは、米時間4月11日放送の『Saturday Night live(サタデー・ナイト・ライブ)』だった。番組のオープニングで自宅からリモート出演し、新型コロナウイルスに感染した自分自身を自虐気味に紹介している。

「この時期に、笑わせようとするのは奇妙かもしれない。だが、面白くするからこそサタデー・ナイト・ライブなんだ。“構うもんか”ってね。」
「僕は、新型コロナの危険信号を発するセレブになった。感染したと診断されたとたん、これまで以上に(米アニメの)『アメリカン・ダッド』のような存在になってね。誰も僕のそばに近寄りたがらず、人々を不快にさせてしまったんだ。」

トム・ハンクスとリタ・ウィルソンは、トムが出演するエルヴィス・プレスリーの伝記映画の撮影でオーストラリア滞在中、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表した。夫妻は現地の病院で隔離生活を送り、無事回復した後はロサンゼルスの自宅に戻っている。リタは先ごろテレビ番組にリモート出演し、感染時の症状などについて語ったが、治療には抗マラリア薬を使用したためにひどい副作用に悩まされたことも告白していた。
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

このニュースに関するつぶやき

  • 無人島でボッチ映画に照らし合わせたコメント聞き質したいな興味深い
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いっそのこと全員が感染してみるといいかも。ぜひぜひ日本の国会議員から感染してみてください。 https://mixi.at/a6ObgQu
    • イイネ!29
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ニュース設定