ファッション通販サイト「バイマ」に思わぬ“盲点”!?  ジミーチュウのバッグを買おうとしたら2万8,000円も損したワケ

0

2020年04月30日 00:12  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン


――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

「本物のオシャレさんは靴とバッグにお金をかけるもの」――オシャレの本を読んでいると、10冊中8冊はこう書いています。服は消耗品だけど、本革の靴とバッグなら手入れ次第でかなり持ちます。だから、服をいっぱい買うより、購入すべきは靴とバッグです、とね。

 マイオシャレブームが到来してからというもの、オシャレ本の言うとおりにシンプルなTシャツやら黒のスキニーや白パンツを集めた私でしたが、なーんかこう、コーデにパンチが生まれないなーと思っていました。今まで、オシャレはパンチ&誰も真似しない独創性だと思い込み、Tシャツにヒョウがでかでかと書いてあるものや、紫のペイズリー柄のTシャツなどを着ていました。でも、おしゃれの本を読むと、誰一人として派手な柄物Tシャツは着ていないんですよね……。

 その代わり、バッグにスカーフを巻いたり、「ほお!」と思うような、かっちょいい靴を履いています。服と靴とベルトを隠したら、無地のTシャツに無地のズボンで、ほぼ、平日のイオンで見かけるような凡人ファッション。でも、逆にそれくらい服は無個性でイイ……。シンプルでベーシックなものを小物で味付ける……。そうか、そうだったのか! 我、おしゃれの神髄、見切ったり!!

 というわけで、オシャレなバッグを購入したい熱が爆上がりした私は、ここらでいっちょブランドもののバッグを買ってやろうじゃないの、と思ったのです。

 早速フリマアプリを開き、高いもの順からバッグを見ていく私。エルメス、シャネル、グッチ、ふむふむ……。限りなく高いものが出てくるので、買い物バカの私もさすがに30万円を上限にリサーチしなおしました。それでも、余裕で100個以上出てくる30万のバッグたち。あな、おそろしや。

 うーん、シャネルのツイードバッグ、可愛いけどどうかなあ……。

 そのとき、ふいに「あんた、そういえば欲しいバッグあったじゃないの!」という声が聞こえました。頭の中でもう一人の私が叫んでいます。

「ほら! 去年の夏に銀座に行ったときにふらっと入ったあの店よ! たしか名前は……チュウよ!」

 あっ!! その瞬間、私もすぐに思い出しました。買う気もなく、ふらっと寄った路面店でなんとなく目にしたジミーチュウのバッグ。「これは小さすぎですよね〜」とか言いながら長財布を入れたらぴったりだったのです。確か価格は25万円くらい。目ん玉が飛び出る価格で、そっと棚に戻したけど、たしかにあの子は可愛かった!

 記憶を掘り出していくうちに妄想がむくむくと膨らみ、ついに私は「あの子がなんとしても欲しい! 全力ギュパー!!」な状態になりました。こうなった私は、もう誰にも止められません。

 「2019夏のコレクション」で検索をかけ、バッグの名前が「ジミーチュウ スタッズドローストリングバッグ」だということを血眼になって突き止めると、次は購入できるウェブサイトをチェック。とんでもなく安く出品しているサイトが、「サイト名+詐欺」で検索をかけたらヒットした、なんて冷や汗ものの体験を経験した末に、「バイマ」というサイトにたどり着きました。

 バイマは世界中のバイヤーと購入者を繋ぐファッション通販サイトとのこと。どうやらちゃんとしたサイトらしいです。カード払いもOKだし、あんしん保証に加入すれば、初期不良の返品もできるとのことでした。

 私のお目当てのバッグも、最終バーゲン中なのか、11万6,400円と53%オフになっていました。バイマではいろんなバイヤーさんが各々で売値を決めているので、同じ商品なのに価格はバラバラです。安値の同商品を探しているうちに、私は約10万円のものと約12万円のものの2つに絞りました。高いほうはちゃんと「ジミーチュウ スタッズドローストリングバッグ ジュノS」と明記がしてあり、安い方は「ジミーチュウ バッグ」としか書かれていませんでした。写真を見る限り、同じ商品に見えるけど……怪しい。

 とりあえずどっちもカートに入れて、安いほうのお店の方にメッセージで「スタッズドローストリングバッグ ジュノSかどうか」を聞くことに。しかし、土日のせいか、はたまた時差のせいか、なかなか連絡が返ってきません。

 この記事を読んだことのある読者の方ならもうお気づきでしょう……。私は「買う」と決めたら1秒たりとも待てない女。たった1日前まで1秒も思い出すことなく暮らしていたくせに、もう喉はカラカラ。目はギラギラ。イタリアとの時差を調べまくって、「まだ連絡が来ない」とへとへとになっていくうちに、もう待てない! と開き直りました。

 どうせ、そっちはジュノSよりちっちゃいモデルなんでしょ! じゃなきゃ2万円も変わったりしないはず! ワタクシ、こっちの高い方を買いますわ!!!! ポチッ!!!!

 その翌日のことでした。安いほうのバイヤーさんからコメントが届きました。

「はい! こちらスタッズドローストリングバッグ ジュノSでございます」

 ぬ、ぬ、ぬあんだってええええええ!!!! あたしゃ、たった1日を待てずに、2万円も失ったんかい!!!!!!

 そして商品が無事に家に届き、傷も癒えた頃……。バイマから、さらに私の傷口をえぐるメールが届きました。

「カートに残っている商品があります。売り切れてしまう前にぜひご確認ください。8,000円クーポン」

 ぬ、ぬ、ぬあんだ、このクーポンはあああああああ!!!!!!!!

 そう、私はバイマ初心者だったので、このサイトがクーポンを連発しまくるサイトだということを一切知らなかったのです。カートに商品を追加してしばらく待っていると、バイマのほうがしびれを切らしてこうした高額クーポンをほいほいくれるというわけ……。みんな……私の代わりにこの方法で安くブランドバッグを買ってください……。ゴフッ(遺言)。

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定