【後編】シングルマザーとして必死に頑張ってきたけれど、もう限界……子どもを施設に預けてすべてを投げ出したい

1

2020年04月30日 17:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

シングルマザーとして日々奮闘するも、「子どもを施設に預けて、すべて投げ出してしまいたい」と限界を感じている投稿者さん。投稿者さんに対して共感の声やアドバイスが集まるなか、温かいコメントも寄せられました。

「育児で悩むのは当たり前」と声に出してみよう


『シングルマザーだろうと旦那がいようと、子育ては大変だと思うよ。その人のキャパシティーだって、いろいろなのだから』
『どんな状況でも、育児が楽なんてことはないと思います。子どもを育てたことがある人はきっとわかるだろうけれど、楽な育児なんてないです』
「自分はシングルマザーだから」と話す投稿者さんに、「育児が大変なのは当たり前」とハッとさせられるような声がかけられました。一見まるで突き放しているように見える言葉ですが、「育児が大変なのは当然。だからたくさん悩んでもいいんだよ」という深みのあるメッセージが読み取れます。旦那さんがいても、シングルマザーでも、実家が近くても遠くても、育児で一度も悩んだことがないママさんはいないでしょう。「育児は大変で当たり前」……口にすると、少しだけ心が軽くなりそうな気がしませんか? 育児をする上で大切にしたい言葉のひとつですね。

頑張りすぎず、うまく手を抜いてみよう!


「毎日しっかりと家事をしなくてもいいから、意識的に少し手を抜くようにしてみたら?」というアドバイスが寄せられました。
『投稿者さんは頑張りすぎているよ。「人生に失敗、不幸、運もなし」と常に思っているんじゃない? 仕事のストレスや家事に追われてるなか、必要以上に叱ってしまったり、ときに手をあげてしまったと悩む母親なんて投稿者さんだけじゃないはず。キツいときは夕食はお弁当、掃除も週1くらいにして、家事はとことんさぼると少し楽になるよ!』
イライラしてしまって子どもを叱りすぎ、「またやってしまった……」と反省するママたちはきっと少なくないでしょう。「限界……」と自分を追いつめてしまう前に、可能な限り家事をさぼってしまいましょう!
『私の夫は金銭、家事、育児、メンタルケア……まったく使い物にならないから、私もシングルマザー同然だと思っている。理解してくれる人はいるけれど、助けてくれる人はいないってつらいよね。疲れたら適当でいいんです。少し冷たく見えても、ちょっとくらい雑でもいいから、やり切ったほうがお互いのためじゃない? ご飯を食べせておけば、子どもは大きくなりますよ! 投稿文の最後を「愚痴」で締めているので、施設というのは本気じゃないはず。子どもを愛しているからこそ悩むのよ!』
旦那さんはいるものの、日々の作業量はシングルマザーと変わらないと豪語する方も。「子どもを愛しているからこそ悩む」との1文に目頭が熱くなりそうです。
『頑張らなくたっていいよ。家が散らかってようが、埃がたまっていようが、生きていける。親が「こんな生活じゃ不幸だよね」と思っていても、子どもは親と一緒に生きていけるだけで幸せだったりする。限界を感じるということは、毎日子どものために精一杯やっているということだと思う。投稿者さんは素晴らしいママなんだよ』
投稿者さんの「もう限界」との言葉を受けて、「精一杯頑張っている証拠」と話すママさんもいました。毎日家事や育児、仕事を頑張っているからこそ、悩んだり疲れてしまったりするのでしょう。試行錯誤しながら子どもを育てようと頑張るママさんは、素晴らしいママさんです。

泣いてもいい。悩んでもいい。ママはあなただけ!


『親だって人間だから、イライラもするし発狂もする。でも子どもはあなたしか頼れる人がいない。今は大変で余裕もなくて悪いことしか考えられないだろうけれど、子どもが成長して大人になったらきっと笑い話になるよ。子どもはお母さんが頑張っている姿を見ているから、大人になって「お母さんは頑張ってくれたな」と感謝してくれると思うよ』
『投稿者さんは「いいお母さんになろう。子どもを幸せにしよう」と、ものすごく頑張っているんだろうね。この気持ちが、お子さんにも伝わるといいのに』
『ママの優しさや温もりを知ってるのは子どもだけだよ。子どもに愛情をかけることは、自分に愛情をかけることにもなるんだと思う。反対に叩いてしまったら自分も傷つく。たまには子どもの前で泣いたっていいと思う。八つ当たりせず、親も素直にね』
悩める投稿者さんの背中を、どーんと優しく押してくれるような言葉たち。投稿者さんだけではなく、現在育児のことで悩んでいるママたち全員に読んでほしい優しいコメントばかりですね。

つい怒りすぎてしまうことは、おそらく誰にでもあるでしょう。「自分は母親には向いていないのではないか」と悩む日もあるかもしれません。しかし育児で悩むのは、お子さんのことを大切に思っているからこそ。疲れて悩んでしまったら、愚痴を言えるところを見つけたり、日々の家事で上手に手を抜くなどしてみてくださいね。日々頑張るママたちからの愛情は、きっとお子さんたちにしっかり伝わっているはずですから。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 施設も最後の砦として認識しておいていいと思うよ。でも預けたら、こどもから逃げてしまう人がいるのは事実。これも認識しておいて。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定