秋元才加、人気シリーズでハリウッドデビュー「本場のガンアクションにもご期待下さい」

1

2020年05月12日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

本格的なミリタリー描写とドラマチックな展開を両立させ、映画ファンに根強い人気を誇る戦争アクション長寿シリーズ『山猫は眠らない』。ベテラン狙撃兵のトーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)が米国政府から指令を受け、極秘任務を遂行する第1作目から27年、第8作目となる『山猫は眠らない8(仮)』(原題:SNIPER:ASSASSIN'S END)が本国アメリカで製作され、本作に女優の秋元才加が出演、ハリウッド映画デビューを飾った。

『山猫は眠らない8(仮)』では、米国が重要な貿易協定を交わす前日に外交官が殺害され、その容疑者として米海兵隊前哨狙撃兵のブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)が追われることとなる。命を狙われているベケットは、政府の中にこの陰謀を操る黒幕のスパイが存在することに気づき、彼が信頼できる唯⼀の人物である父親、伝説の狙撃兵トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)と協力し、事件解決に動く。

秋元才加が演じるのはベケット親子を狙う、CIA、ロシアの傭兵、そしてヤクザの訓練を受けた暗殺者。ハリウッドデビューを果たした喜びと、ハードなアクションに挑んだ本作についてコメントを寄せた。



<秋元才加 コメント>

海外進出の夢が叶い、お話を頂いた時は飛び上がる程嬉しかったです。刺激的で、毎日がチャレンジングな現場でした。撮影前に監督やスタッフとのディスカッションや、実弾でのガントレーニング、アクションリハーサルなど、充実した時間を過ごすことができ、撮影の合間ではトム・ベレンジャーさんと日本滞在時のお話やハリウッド映画についてのお話などもしました。京都が素晴らしかったとお話して下さり、日本人として誇らしく思えた瞬間でした。この撮影を終え、海外での現場にまた参加したいという夢が出来ました。沢山の方に愛されてきたこのシリーズに出演するということで大変緊張しましたが、是非、多くの方々に楽しんで頂けたらと思います。海外スタッフに料理された秋元才加を沢山の方々に見て頂けたら。本場のガンアクションにもご期待下さい。



■映画 『山猫は眠らない8(仮)』(原題:SNIPER:ASSASSIN'S END)

キャスト:チャド・マイケル・コリンズ、秋元才加、トム・ベレンジャー
監督:カーレ・アンドリュース
脚本:オリバー・トンプソン
製作:ヴィッキー・ソーサラン&グレッグ・マルコム

©2020 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All Rights Reserved.


    あなたにおすすめ

    ニュース設定